やっぱりね…元カレが私との別れを決意した瞬間5つ




相手の気持ちが冷める瞬間や、相手が自分に気がなくなったことをなんとなく察するときってありますよね。残酷ですが人の気持ちは目に見えないぶん、第六感が働くことも女性ならあるのではないでしょうか。
その後、実際に振られたことがある人もいるようで……。ここでは、元カレが自分と別れることを決意した瞬間を聞いてみました。

元カレが私との別れを決意した瞬間

友達の彼氏と比較して、同じレベルを要求

「友達が彼氏のことでマウントをとってくるのがしんどくて。気づいたら私も友達の彼氏と比較して、同じレベルになるよう要求していた。
彼の表情がすっと消えて、その1週間後に振られた。その後、彼は私よりもずっと素敵な女の子と付き合っていて、後悔ばかり」(20代/女性)

▽ 若いうちは、間違ったケンカの仕方をしてしまうことも多いもの。あとから冷静に考えて「言わなければよかったな」と思ったり、「本当は別のことを言いたかったのに」と後悔することもあるのではないでしょうか。彼の立場に立ったら傷つきますよね。

お家デートのときにずっとすっぴん

「彼は私の顔がタイプって言っていたけど、私は化粧映えする顔で、メイクを落とすとすごく地味な顔立ち。それでいて、お家デートのときはほぼすっぴんでいたから、彼はげんなりしたんだと思う」(20代/女性)

▽ 顔がタイプだからこそ、いつでもタイプの顔のままでいてほしいのが恋心。会っている間のほとんどの時間を、すっぴんで過ごしていることで彼の恋心はしぼんでしまったようです。ありのままの彼女を受け入れられるほど、まだ熟してはいなかったのかもしれませんね。

LINEの返事を1週間忘れる

「友達との予定とか仕事を優先していて、気づいたらLINEの返事を1週間忘れていた。私から返事がなくて困った元カレが私の家の前にいて、『どうしたの?』と聞いたら、元カレが『俺のこと、好きじゃないのはなんとなく気づいていたよ』って言って振られた」(30代/女性)

▽ 返事が1週間遅れたということは、恋人の優先度が低いということ。ほかに優先するべきものがたくさんあるというのは事実なのではないでしょうか。後回しにされていることに気づいて、振られたのかもしれません。

彼のタイプの子が入社してきた



「彼とは社内恋愛だったんだけど、彼のタイプな可愛いロングヘアの子が入社してきてから、私への態度があからさまによそよそしいものに。飲み会で彼女がいるか聞かれて言葉を濁していたの、私は知っているよ! 新入社員の子に一目ぼれだったのかな」(20代/女性)

▽ 彼氏なのに、彼氏が一目ぼれをする瞬間を見たというのはなかなか切ないものを感じますね。

充電が切れるまで鬼電した

「重い女と言われる私。彼と連絡が半日とれないと気になって、彼のスマホの充電が切れるまで鬼電しまくっていたのが原因なんじゃないかなって思う。最後に彼から『もう疲れたから別れてください』って土下座された」(20代/女性)

▽ 相手のことを考えず、充電が切れるまで電話をし続けるのはどう考えても迷惑です。恋人をつくるより前にやるべきことがありそうですね。

当記事は女子力アップCafe Googirlの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ