『銀魂 THE FINAL』興収&動員で『鬼滅の刃』抑え1位に 入プレ“真選組”原画も公開

クランクイン!

 1月8日に封切られた劇場アニメ『銀魂 THE FINAL』が、興行収入と動員で13週間首位を走り続けた『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』を制して1位に躍り出た。公開から4日間(1月8~11日)の興行収入は5億3135万320円、動員数は38万4220人を記録している。

土日の興行収入は2億8749万3500円、動員は20万4335人。2010年4月24日公開『劇場版 銀魂 新訳紅桜篇』の145%、2013年7月6日公開『劇場版銀魂 完結篇 万事屋よ永遠なれ』の102%と過去作を上回るスタートを切った。男女比は4対6、10代後半から30代までをメインに幅広い客層が劇場に足を運んでいる。

初日の8日0時には、本作を待ちわびていたファンがハッシュタグ「#銀魂は永久に不潔です」の投稿を開始し、瞬く間に日本トレンド1位、そして世界トレンド1位も獲得。鑑賞したファンからは「銀魂らしい銀魂の最後だった」「とにかく泣いて、笑った、何度でも見たい」「銀魂を好きでよかった、銀魂ありがとう」などと絶賛。また、銀魂ならではのおふざけ全開の内容に、「オープニングは銀魂じゃなくてドラゴンボールだった!」「銀魂はワンピースだった」と他作品ではあり得ない感想も続いた。

公開第2週、第3週の入場者プレゼントとして配布される原作者・空知英秋が描き下ろした映画本編原画4カットのうち、新たに近藤勲、土方十四郎、沖田総悟の3人が描かれたカットも解禁された。くわえタバコ姿の土方と沖田が言い合う様子を笑顔で見守る近藤と、普段の真選組がうかがえる3ショットとなっている。1月15日からの公開第2週目は、今回発表された「真選組」原画と、先日発表された「万事屋」原画の2種がランダム配布される。

本作は、シリーズ累計発行部数5500万部を超える空知による人気漫画『銀魂』を原作に、15年間続いてきたアニメ『銀魂』シリーズの最終作。かつて銀さんたちを教え導いた師匠・吉田松陽の別人格・虚(うつろ)との最終決戦が描かれる。同じ師のもとで学び共に時を過ごした高杉、桂らの思いが交錯する中、命がけの戦いの結末は―。

劇場版『銀魂 THE FINAL』は全国公開中。

当記事はクランクイン!の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ