ダイアン考案の『スラムダンク』実写化キャスト 「怒られるんちゃうか?」

しらべぇ

((C)︎『ダイアン公式チャンネル』)
12日、お笑いコンビ・ダイアンのユースケ、津田篤宏が、公式YouTubeチャンネル『ダイアン公式チャンネル』にて、先日映画化が発表され話題になった人気漫画『スラムダンク』(集英社)の実写化キャストを考案。

その大胆すぎるキャスティングに、視聴者から「知ってる芸人が全然いない」「関西ローカルすぎる」などの声が上がっている。

■吉本制作の『スラムダンク』


今回の動画では、ユースケと津田が「もしも『スラムダンク』を吉本興業制作で実写化するなら」という仮定のもと、それぞれのキャラクターにふさわしいキャストは誰なのかを議論していく。

まずは、主人公・桜木花道のキャスティング。ユースケは「桜木花道って(元)不良なわけよ。ってなったら俺もう一人しかおらんと思う」と真剣なトーンで選考理由を説明し、長原成樹(ながはら・せいき)の名前を挙げた。

関連記事:東野幸治、東京進出した後輩芸人の明暗を笑う 「ダイアン津田はマンション引き払って」

■長原成樹は実写化にマスト


かつて『探偵!ナイトスクープ』(ABCテレビ)の探偵局員を務めるなど、関西ではお馴染みの存在である長原。

桜木役かどうかに関わらず、ユースケとしてはどうしても外せないキャストのようで、「どっかのメンバーには絶対、成樹さん入ってくると思うねん」と言い切った。

■津田、大御所の名前挙がり「怖なってきた」


長原のキャスティングに始まり、二人から提案されるのはその後も、“なにわ”の匂いがぷんぷんとする配役ばかり。

途中、桂文珍といった大御所の名前までもが候補に挙がると、津田は「怒られるんちゃうか?」「全部怖なってきた」と漏らす場面もあった。

そして最終的には、トミーズの雅、ティーアップの前田勝と長谷川宏、吉本新喜劇の浅香あき恵などが、吉本版『スラムダンク』のキャストに決定した。

■大胆なキャスティングに笑いと困惑


関西ではお馴染みの吉本芸人たちが名前を連ねた、ダイアンの大胆なキャスティングに、視聴者からは笑いと困惑が入り混じった声が続出。

「ダイアンはYouTubeを関西ローカルと勘違いしてるのかな?」「関東に住んでる勢からすると何も分からなくてオモロい」「知ってる芸人が全然いない!」などのコメントが寄せられている。

・合わせて読みたい→タカアンドトシ、キャラが濃すぎる同級生「ダイアン」を語る コントのモチーフにも

(文/しらべぇ編集部・音無 まりも

当記事はしらべぇの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ