8コのキューブにタッチディスプレイを搭載したキューブパズル的ゲーム機「WOWCube」がCES 2021に出展 事前予約受付を開始

ガジェット通信



Cubiosはオンラインで開催中のCES 2021に、3面のタッチディスプレイを搭載する8コのキューブを組み合わせたゲーム機「WOWCube」を出展。オンラインで事前予約の受付を開始しました。



8コのキューブは磁石で接合され、「ルービックキューブ」などキューブパズルのように回転操作が可能。動かした個々のキューブの画面が連動するユニークなゲームプレイが楽しめます。「Cut the Rope」「Lady Bug」「2048」といったゲームタイトルがWOWCube向けにカスタマイズして提供され、現在19タイトルの対応ゲームがラインアップされています。SDKとAPIが公開されているので、アプリ開発者は対応アプリを自作することもできます。



個々の画面にウィジェットを表示して、情報端末兼オブジェとして飾ることも可能。

WOWCube Entertainment System(YouTube)

https://youtu.be/YNNz9FE2i0k

Cubiosのウェブサイトでは、単体が249米ドル、50ドル分のゲームコードとのセットが289米ドル、50ドル分のゲームコードとスクリーンプロテクターのセットが319米ドルで事前予約を受付中。2021年末に製品化予定で、予約可能になった段階で登録したメールアドレスに案内が届くようです。日本への配送に対応するかどうかは不明ですが、なんとも気になるデバイスですよね。開発者のSavva Osipov氏は現在16歳で、12歳の時にWOWCubeのアイデアを考案したという事実も驚きです。

WOWCubeウェブサイト

https://wowcube.com/[リンク]

―― やわらかニュースサイト 『ガジェット通信(GetNews)』

当記事はガジェット通信の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ