向井太一、ストレートに恋を歌った新曲「Love Is Life」の配信リリースが決定 ラジオ初オンエアも

SPICE


シンガーソングライター・向井太一が、1月20日に新曲「Love Is Life」を配信リリースすることが発表された。

「Love Is Life」は昨年からライブでも披露している楽曲。盟友CELSIOR COUPEとの共作で「愛があればなんでもできる」というポジティブな歌詞でストレートに恋を歌っている。レコーディングにはトランペット奏者・黒田卓也やベーシストの大林亮三(SANABAGUN./Ryozo Band)、向井のバックバンドでドラムを務める山下賢(Mop of Head/Alaska Jam)、コーラスにゴスペル集団のSoul Bard Choirらミュージシャンが参加。グルーブ感溢れる心弾むサウンドになっており、参加ミュージシャンから楽曲に対するコメントも届いている。

また、「Love Is Life」の音源が明日・1月13日(水)に生放送されるJ-WAVE(81.3FM)の「STEP ONE」にてラジオ初オンエアされる事が決定した。

参加ミュージシャンコメント


・黒田卓也
スタジオに入り、はじめましてだった太一さんとご挨拶をさせていただき、早速録音に進んだのを覚えています。太一さんが音楽的に素晴らしいのと自分の好みの楽曲ということもあって、めっちゃ楽しく録音できたのを覚えています。
その場でアイデアを出し合って、どんどん良くなるトラックに感動しました。リリースを本当に楽しみにしていたのでめっちゃ嬉しいです!

・大林亮三(SANABAGUN./Ryozo Band)
向井太一さんのブラックミュージック愛と人柄がとても、よく出てるなと感じました。ソウルフルさとエネルギッシュさを持ったこの曲は聴いていて前向きな気持ちにさせてくれます。こんな時代に、こんな素敵な曲を本当にありがとう!

・山下賢(Mop of Head/Alaska Jam)
向井君、リリースおめでとうございます!長く彼のバックバンドとして関わらせて頂いておりますが、何気に生ドラムでのレコーディングは初めてでした。楽曲を支える、良きテイクが録れて満足しております!
今までで1番希望と愛に満ち溢れた楽曲かと思います。
新!向井太一。いつも応援しています。

・Soul Bird Choir
"Love is life"リリースおめでとうございます。
グルーブ感溢れるサウンドに向井さんの甘く、尚且つエッジのある歌声が混ざり合ってワクワク感が止まりません。
こんな素敵な曲に関わらせて頂いてありがとうございました。
これからも心弾むサウンドで日本を元気にしてください!

・GASHIMA
タイトルの通り「愛することが人生だ。」という内容の楽曲になっています。
向井さんと初めてお会いした時に「僕は恋愛至上主義なんです」とおっしゃった一言が印象的で、この楽曲ではそんな彼の人生観を表現しようと思いました。
気恥ずかしいほどにストレートな歌詞も、向井さんが歌うからこそ心に響く楽曲になっていると思います。

当記事はSPICEの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ