亡き夫の名前をブランド名に…「旦那が残してくれた水産業をしたかった」


きょう12日に放送されるカンテレ・フジテレビ系ドキュメンタリー番組『セブンルール』(23:15~)では、佐賀の水産会社社長・渡邉美保子さんに密着する。

佐賀県で最も人口が少ない町・玄海町。世界有数の漁場として知られる、玄界灘に面した外津湾で養殖された高級ブランド鯛の「穂州鯛」は、ふるさと納税の返礼品でも上位にランキングされるほど人気が高い。天然ものに劣らないモチモチの食感が特徴で、地元の料理人も「脂が少なくて甘みがある」とその味を評価する。

今回の主人公は、穂州鯛の養殖・加工を手掛ける「渡邉水産」の社長・渡邉美保子さん。玄海町で生まれ育った彼女は、強い思いを胸に養殖鯛のブランド化に挑んできた。

実は、穂州鯛の「穂州」とは13年前に交通事故で亡くなった夫の名前。女の人には無理だから辞めた方がいいと周囲から反対されたが、「旦那が残してくれた水産業をしたかった」と、跡を継いだ。そんな母の思いにこたえるため、一度は玄海町を離れて別の仕事についていた娘4人が、家業に戻ってきた。「お母さんを支えたい気持ちが強い」と話すのは、アパレル業界で働いていた長女の志麻さん。商品開発は4人の娘たちとの家族会議で行われ、鹿児島出身で長男だという志麻さんの夫は、地元に帰らず養殖業を手伝うと決めた。

事務所のすぐ脇にある穂州鯛の漁場。通常は1年半ほどで出荷するところ、穂州鯛は2年以上かけてじっくり育てられるため、エサ代や管理費のコストはかかるが、甘みやうま味が増すという。品質改良の努力を続けた結果、かつては1匹1,500円ほどだった養殖鯛が、今では高級ブランドの穂州鯛として5,000円の値がつくまでになった。

カメラは、玄界灘の美しい海を舞台に、渡邉さんの仕事とプライベートに密着。過疎化の進む玄海町を盛り上げるために水産業に奮闘する姿や、快活な母と支える娘たちとの人間味あふれる“オンリーワンな関係性”を映し出す。家族一丸となってブランド鯛を育て、「夫の愛した海の魅力を知ってもらい、1人でも多く地元に残ってほしい」と願う彼女の思いと7つのルールとは。

スタジオは、VTRをきっかけに「ふるさと納税」の話題で盛り上がる。「やったことないです…」という長濱ねるに、経験者の青木崇高がその魅力を即興解説。果たして、長濱の反応は。

一方、娘4人に支えられる渡邉さんの人柄に興味深々の本谷有希子。YOUは「チャーミングママ」とネーミングし、人柄における“隙”の大事さについて、思い思いに語り合う。さらに、佐賀県のお隣である長崎県出身の長濱は「小さい頃から魚をさばくおじさんたちと触れ合ってきた」と故郷での体験に思いを馳せる。

尾崎世界観は、バンド活動に反対だった父親からのひと言を告白し、スタジオ出演者の共感を呼ぶ。バンドマン・芸人・俳優・作家が、親からいかにも言われそうな、“あるある”のひと言とは…。

当記事はマイナビニュースの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ