ムラっとしちゃう...!彼が悶える「キス中の声」の出し方って?

ハウコレ

いつものキスでもいいですが、一工夫すると大好きな彼とより一層楽しく過ごせるはず。実は男性はキス中の女性の声にも反応してしまうのです。今回は思わず彼がドキドキしてしまう、キス中の声の出し方を学んでいきましょう。

■ナチュラルな喘ぎ声
思わず漏れてしまう「ん、ん……。」「あ……。」という喘ぎ声に興奮しない男性はいないといっても過言ではありません。男性は喘ぎ声を聞くと、感じているのに声が出ることを我慢して恥じらっているように思えるので、たまらないのだとか……。多少わざとらしくても感じていることが伝わるので可愛いですが、やりすぎると不自然なので、意識して声を出してみるという人は20~30秒に1回くらいで充分です。

■苦しそうにする
口が離れたときに、とろんとした目で「苦しい……。」とつぶやいてみるのもいいでしょう。キスに感じてくれていることが彼に伝わります。苦しそうにしている彼女を見て、もっと感じさせてあげたいと思う男性が多いので、さらに激しいキスが期待できるかも。苦しそうにしながら女性らしい弱めの声で「気持ちいい……。」「もっとして?」なんていう積極的なセリフも男性はドキドキしてしまいますよ。

■キスを拒むセリフもドキドキ
「ちょっと待って……。」「やめて……。」なんて恥ずかしそうにする姿も実は男性はドキドキしてしまうのです。うまく喘ぎ声が出せないという人は、恥ずかしそうにキスに慣れていない雰囲気を出して見るのも彼を興奮させることができますよ。

■息が漏れるのも魅力的
声にならないほどキスに感じてしまうこともありますよね。そんなときは声を意識しすぎなくても大丈夫。「はぁ~。」と息が漏れるだけでも充分男性は興奮してくれます。喘ぎ声がわざとらしくなってしまう、声のことばかり気にしてしまうという人は、普段とは違う息遣いを意識してみると効果的です。キスは唇だけに集中してしまいがちですが、声の出し方も重要です。次回のキスで試してみては?(ハウコレ編集部)

当記事はハウコレの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ