DeNA今永昇太「三浦監督を日本一の監督に」 新シーズンに意気込み


横浜DeNAベイスターズの選手会長・今永昇太が12日、横浜市内で行われた「横浜DeNAベイスターズ誕生10周年記者会見」に出席し、2021年シーズンへの意気込みを語った。

会見では、2021年シーズンのスローガン「横浜一心」が発表された。同スローガンは、選手やコーチだけでなく、ファン、スタッフ、横浜の街すべてが結束し、ひとつのチームとなって日本一を目指していくという思いをもとに、2021年シーズンより指揮を執る三浦大輔監督自ら考えた。

今永は「今年、三浦新監督になって、三浦監督の現役時代を知っている選手もたくさん残っていて、三浦監督を日本一の監督にしたいと、選手からもそういった声がたくさん上がっているので、心を一つに、一心になって、監督を日本一の監督にできるように選手一同、結束して頑張りたいと思います」と意気込み。

また、選手会長として「石田(健大)前選手会長から引き受けました。石田前選手会長の思いも引き継いでチームをまとめられるように、模範となれるような選手を目指して、チームとして頑張っていこうと思います」と決意を語った。

当記事はマイナビニュースの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ