Samsungの考える車の車内は、ワークスペースにもゲームコーナーにもなるみたい

digitalcockfit2021_main3
Image: Samsung

なんじゃあその可動式ドデカ横長ディスプレイは。最高じゃないですか。

Harman(ハーマン)を傘下にして以来、カーテクノロジーの分野でもメキメキと頭角を現してきているSamsung(サムスン)。2021年以降に求められる車の車内はどうあるべきかと考えました。

その結果がこれ。「Digital Cockpit 2021」です。

車という移動空間をいかに快適にして、移動時間を無駄なく活用できるか。車内をリビング&ライフスペースとすることができるかという視点で、複数の大型ディスプレイを配置しています。
digitalcockfit2021_main7
Image: Samsung

特徴的なのは、ダッシュボードに備わる横長ディスプレイでしょう。ハンドルを握っての運転中はスピードメーターやサイドミラーの表示部となります。

これが一度自動運転状態となると、ハンドルが奥側へと半収納され、ディスプレイがぐいっとせり出してくる。今まで隠されていた部分もあらわとなって表示領域が拡大し、カーシアターにも、ゲームスポットにもなるし、クリエイティブマシンとしても使えるように变化するのです。

センターコンソールに備わるディスプレイは、Galaxy Watchやハンドル部のカメラが捉えたバイタルサインを表示するエリア。ドライバーの眠気や倦怠感を、ストレスをいち早くキャッチして教えてくれます。

またリアシート側にも大型ディスプレイが備わり、引き出し式のテーブルの上においたタブレットやスマートフォンとリンク。ワークスペースとして使える空間となります。Zoom会議もめちゃくちゃ捗りそう。

エクステリア側を見ると、前後左右に埋め込まれたSamsung製360度カメラがいい仕事をします。周囲の状態を正確にキャッチアップして安全性を確保。道を渡ろうとしている人へ「どうぞどうぞ」と案内するメッセージ表示も忘れません。

サムスンは2018年からDigital Cockpitをアピールしてきましたが、このDigital Cockpit 2021はマジで未来を感じさせるもの。家にいるより車のなかにいたい、と思ってしまいそうな提案ですよコレは。

Source: Samsung

当記事はギズモード・ジャパンの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ