【ポケモンGO】新イベント「シンオウセレブレーション」開始! どうするどうする? フカマルとヒードランはどうする!?



やあ、ポケモンGOトレーナーのみんな! 色違いツタージャは捕れたかな? お兄さんは結構タップしたつもりだけど、結局0匹フィニッシュさ……。いいんだ、いいんだ。いつかあるハズのツタージャのコミュデイまで待つからいいんだ……! 早くツタージャのコミュデイ カモォォオオオオン!!

それはさておき、本日2021年1月12日(火曜日)から新イベント「シンオウセレブレーション」開始となった。ざっくり言えば先週開催された「イッシュセレブレーション」と同様のイベントであるが、なかなか今回は悩むところが多い内容となっている、う、うーむ……!

・およそ6日間の開催
2021年1月12日(火曜日)から2021年1月17日(日曜日)の20時まで、およそ6日間にわたり開催されるシンオウセレブレーション。イベント名そのままに、シンオウ地方のポケモンがわんさか出現するイベントとなっている。

ところがどっこい、冒頭でもお伝えした通り、今回は悩みどころが多い。まずは以下でイベント概要をご覧いただこう。

・ 野生で「ナエトル」「ヒコザル」「ポッチャマ」「ビッパ」「ズガイドス」「タテトプス」「ミツハニー」「ブニャット」「フワンテ」「ニャルマー」「ブイゼル」「ヒポポタス」「ユキカブリ」「スコルピ」がいつもより多く出現
稀に色違いのブイゼルが出現
・ 5kmタマゴから「コロボーシ」「スボミー」「ウソハチ」「グレッグル」「ドーミラー」「ズガイドス」「タテトプス」「ヒポポタス」がかえる
・ イベント限定のフィールドリサーチが出現
・ 星1レイドに「コリンク」「フカマル」「ナエトル」「ヒコザル」「ポッチャマ」「ブイゼル」が出現
・ 3つ星レイドに「ネオラント」「カバルドン」「ドクロッグ」「ミミロップ」が出現
・ 伝説レイドに「ヒードラン」が出現
・ コレクションチャレンジが登場

まずはみんなの大好物「色違いポケモン」は、ブイゼルが実装された。 イベント中、ブイゼルはきっちり野生湧きするので片っ端からタップ推奨だ。その他、色違いでは「ニャルマー」「スコルピ」「ヒポポタス」あたりもなかなかアツい。

また、普段あまり出現しない「ズガイドス」や「タテトプス」も今回はかなり狙い目だろう。特にタテトプスの進化系「トリデプス」はスーパーリーグ用に育成し直すトレーナーも少ないくないようなので、PVP大好きっ子たちはタテトプスの再厳選も頭に入れておきたい。

・フカマルとヒードランはガチるべきなのか?
で、今回の悩みどころはズバリ2つ。星1レイドに出現する「フカマル」と伝説レイドの「ヒードラン」である。要するに「フカマルとヒードーランのレイドをどれくらいやるべきか?」については、ハッキリ言って答えが見つかっていない。

まず「フカマル」だが、フカマルの進化系「ガブリアス」はメガシンカを控えている。最終的にアメXLを296個突っ込むことを考えると、できれば個体値100が欲しいところだが、どこまでレイドでガチるべきなのかは各トレーナーの “フカマル愛” 次第といったところだろうか?

さらにこれは「フカマル」と「ヒードラン」に共通することであるが「アメXL目的のためにレイドをガチるべきなのか?」については非常に悩ましい。……いや、悩ましすぎる。ズバリ申し上げてしまうと「どれだけ金がかかるのか?」が全く見えないからだ。

・いくらかかるんや…
先述の通り、メガシンカを控えたガブリアスはメチャメチャ魅力的なポケモンである。また、ヒードランもレイドや対ロケット団で出番の多い、ほのおタイプでは有数のポケモンだ。……が、アメXLが実装されて間もないこの時期に、かみ砕いて言うとアメXLが入手しづらいこのタイミングでガチるべきなのかは何とも言い難い。

これが例えば「ミュウツー」「レックウザ」「ディアルガ」「カイオーガ」「グラードン」あたりならば、お兄さんも腹をくくり泣きながらレイドをガチる。……が、一応野生湧きもする「フカマル」と、1流だけど超1流ではない「ヒードラン」にどこまでレイドパスを突っ込むべきなのか? うーむ、うーむ、うーむ。

お兄さんがアラブの石油王ならば悩むことなくレイド三昧なのだろうが、今回は「まだ迷っている」というのが正直なところだ。トレーナー諸君も「フカマル」と「ヒードラン」については熟考のうえ、突撃か撤退かのジャッジを下していただきたい。

・早めに目標を立てるべし!
とまあ、毎度のことではあるが各自しっかり目標を立てたうえで「シンオウセレブレーション」を楽しもう。個人的にはズガイドスの100が欲しいス。あと、ポッチャマもアメXLも296個貯め終わりたいス。もちろん色違いブイゼルも全力で行くよ!

というわけで、わずか6日あまりのイベントなので、早めに目標を定めることを推奨したい。翌週は第3世代「ホウエンセレブレーション」が開催予定だ。カントーツアー本ッ当に楽しみや! それではトレーナー諸君の健闘を祈る!!

参考リンク:ポケモンGO公式サイト
Report:P.K.サンジュン
Photo:c2017 Niantic, Inc. c2020 Pokemon. c1995-2020 Nintendo/Creatures Inc. /GAME FREAK inc.
ScreenShot:ポケモンGO (iOS)

この記事の動画を見る
Related Stories

当記事はロケットニュース24の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ