西日本で超有名なファミレス「ジョイフル」のなんこつが冷凍食品に! 都内のスーパーにも置いてあったぞ~!!



えっ、ええっ!? 先日、都内のスーパーで買い物していたら思いもよらない商品を見つけて二度見した。というのも、なんと冷凍食品コーナーにジョイフルのなんこつが売っていたのだ。これは事件! お客様の中に誰か九州人はいませんか!?

何をそんなに大袈裟な……と思う人もいるかもしれないが、福岡県出身の私からするとジョイフルの名前をまさか東日本で見る機会があるなんて。なにせジョイフルは西日本でこそ知られているが、東だとマイナーな部類。店舗の数も少なく、ジョイフルといったらDA PUMPや いきものがかりの歌、はたまたジョイフル本田あたりになってしまうから驚くしかなかったのだ。

・作り方は簡単
とにかくジョイフルの興奮を隠せなかった私は、見つけた冷凍食品のなんこつを即購入。「Joyfull」の文字通り、joy(楽しさ)とfull(いっぱい)を感じつつ帰宅した。

お値段は税抜298円。内容量は120gで調理方法はフライパンに油を入れ(約170度)、凍ったままの商品を入れて約3分間揚げたらOKと料理をあまりしない男性でも何とかなりそうだ。ちなみに合成着色料不使用でそこはかとなく現代風っぽさもある。

・油が跳ねない!

袋から取り出すと、コロコロと凍ったなんこつが20~30個ほど出てきた。小腹が空いたとき、料理の品数がちょっと少ないときなどによさそうだというのはさておき、冷凍したものを揚げると油が跳ねるからイヤなんだよなぁ~

……と思いきや!

あれれっ、ほとんど跳ねない。袋がきっちり密封されていたからだろうか、ともあれ3分後には無事になんこつが完成した。

・身近ななんこつ

出来上がったなんこつはコレといってインパクトはなく普通のもの。いわゆるTHEなんこつ。食べてみたらコリコリの歯応えが心地よく、ぶっちぎってウマすぎないところがファミレスらしいと言おうか。

分かりやすく例えるならばそうだなぁ……カラオケのなんこつ的な感じだ。めちゃくちゃウマいワケじゃないけどどこかクセになる……決して悪い意味ではなく、不思議と食べたくなるところが似ていた。

当然ながらちゃんと作って食べるなんこつには味が劣るも、冷凍食品として早さや安さを求めるなら十分すぎるくらいアリ。九州人にとってはジョイフルという名前で美味しさ3割増しとなるだろうし、これくらいでいいのだ。

ジョイフルの公式HPによると、冷凍食品のなんこつは2019年3月からディスカウントドラッグのコスモスやマックスバリュなどで購入できるようになったもよう。ちなみに私はスーパーの「ライフ」で購入したので、同商品が気になる人は参考にしてほしい。

参照元:ジョイフル
Report:原田たかし
Photo:RocketNews24.

画像をもっと見る
Related Stories

当記事はロケットニュース24の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ