手越祐也、人間ドック受け“再検査”に「運が良く早期発見できた」

モデルプレス

【モデルプレス=2021/01/12】元NEWSの手越祐也が11日、自身のYouTubeチャンネルを更新。人間ドックを受け、結果を公開した。

◆手越祐也、人間ドックで「運が良く早期発見」



28歳ごろから毎年誕生日月に人間ドックを受けていると説明し、全ての検査の模様を見せた手越。

数週間後に結果が届くと「脳梗塞・心筋梗塞リスク」が、4段階中上から2番目の“中・高”だったようで「なんで?」と焦った様子を見せた。

また「痛風検査」の欄には「異常あり。再検査または医師の診断が必要です」と書かれており、手越は「人間ドックの検査受けてからその翌週くらい寿司3日連続で食べて。ちょうど時期だからカニだ」と反省。

そして毎年、アルコールの摂取と関係が深い「γ-GTP」の値が引っ掛かってしまうという手越だが、今回は正常だったようで「忙しくて家でちょろっとしか飲んでないから減ったのかもね。しかも焼酎とかハイボールみたいな、糖度が低いお酒に切り替えながら飲んでた」と自身の生活を振り返った。

全ての結果を見終えた手越は「運が良く早期発見ができた。人間ドックを3~5年後でやっていたら、もしかしたら取り返しのつかないような数値だったり、痛風とかも歩けなくなっちゃってたかもしれないし、やった方が良いと思いますよ」とファンに呼びかけている。

◆手越祐也の人間ドック動画に反響続々



ファンからは「こんな所まで見せてくれるなんて」「心配だから早く再検査行ってね」「人間ドックの大切さが分かった」など多くのコメントが寄せられている。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】

当記事はモデルプレスの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ