会場にはテントが林立 雪山遭難がテーマのリアル脱出ゲーム『閉ざされた雪山からの脱出』が札幌で1ヶ月限定の開催決定

SPICE


「リアル脱出ゲーム」の株式会社SCRAPは、雪山 登山中の遭難体験をテーマにしたリアル脱出ゲーム『閉ざされた雪山からの脱出』を2月6日(土)~3月21日(日) の期間限定で、札幌にて開催することを発表した。

『閉ざされた雪山からの脱出』は、1~4人のチームとなって実際にテントの中に入って謎を解き、 制限時間60分以内に脱出を目指す体験型ゲーム・イベント。

プレイヤーは登山中に予期せぬ猛烈な吹雪によって遭難したという設定。絶体絶命…と思われたそのとき、偶然見つけた1つのテント。そのテントに残された過去の遭難者のアイテムや記録を頼りに、生きて雪山から脱出する方法を導き出すストーリーだ。
プレイイメージ写真 (C)SCRAP
プレイイメージ写真 (C)SCRAP
プレイイメージ写真 (C)SCRAP
プレイイメージ写真 (C)SCRAP

会場は雪山へと変身し、フロア内には複数のテントが実際に立ち並ぶ。ゲーム内には、雪山で暖を取るために使用するエマージェンシーシートやランタン、動物図鑑、地図など多数の登山に関連したアイテムが登場。
プレイイメージ写真 (C)SCRAP
プレイイメージ写真 (C)SCRAP
プレイイメージ写真 (C)SCRAP
プレイイメージ写真 (C)SCRAP
プレイイメージ写真 (C)SCRAP
プレイイメージ写真 (C)SCRAP

本当に雪山で遭難したときのような緊迫感と、テントや登山アイテムを駆使して1つ1つ問題解決していく達成感を楽しめる本格的な内容になっている。

会場の雪山&テントの設置という装飾クオリティの高さから、東京、名古屋の会場を順番に巡ってきた『閉ざされた雪山からの脱出』は札幌での開催もって現時点では終了を予定している。 1~4人の好きな人数で、知り合いだけで一緒にテントに入って挑戦できるので、チャレンジしてみよう。
(C)SCRAP
(C)SCRAP

札幌会場の一般発売は、 1月17日(日)12:00よりスタート。さらに、前売券購入時限定のオリジナルグッズとして、「謎付きアウトドアボトル」も販売されるので、こちらもチェックを。名古屋会場の販売も残り僅かなのでお早めに。

当記事はSPICEの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ