仙台積雪8cm 東北太平洋側も昼過ぎまで交通影響注意(午前11時現在)

日直予報士

東北太平洋側は連休明けの朝から雪の降った所が多く、通勤や通学に影響が広がりました。昼過ぎにかけて積雪がやや増える所があるため交通への影響に注意をしてください。雪は夕方頃から日本海側へバトンタッチ。夜は雷を伴い降り方が強まる所も。落雷、落雪などに引き続きご注意ください。

●太平洋側 昼過ぎにかけて交通影響に注意

12日は三陸沖へ北上中の低気圧の影響で東北の太平洋側で雪の降っている所が多くなっています。午前11時現在の積雪は、仙台市で8cm、福島市で4cm、岩手県一関市で36cmなど。沿岸部でも雪の積もっている所が多いのが特徴です。
太平洋側の雪のピークは午前中で過ぎる見込みですが、岩手県南部を中心に昼過ぎにかけてもう少し積雪が増える所がありそうです。12日夕方までの12時間に降る雪の量は、多い所で10~15cmと予想されます。雪が弱まっても、気温が低く翌朝にかけて凍結の恐れがあります。足元や車の運転には十分ご注意ください。
一方、3連休にかけて記録的な大雪となった日本海側では、引き続き多くの雪が残されています。12日日中は薄日が差す所もありそうで、最高気温はプラスの所が多くなりそうです。連日の除雪作業で大変な思いをされていると思いますが、屋根に降り積もった雪が崩れやすくなりますので、軒下には近づかず、雪下ろし中の事故には十分にお気をつけください。また、道路沿いでは除雪により雪の壁のできている所があり、歩行者が見えにくいので車はいつも以上の安全運転をお願いします。

●日本海側 夕方以降は湿った雪や雨 カミナリも

日本海側から別の低気圧が近づくため、雪のエリアは12日の夕方以降、太平洋側から日本海側へ移る見込みです。雷を伴って短時間に雪の降り方が強まる所もありますのでご注意ください。これまでと違い、低気圧が北寄りのコースをとるため、日本海側は暖かな南風が吹いて沿岸部を中心に湿った雪や雨で降る所があるでしょう。落雪がより起こりやすいうえ、これまでの雪に雨がしみ込むと一段と重みを増しそうです。
この先も日本海側は雪や雨が降りやすくなりますが、金曜日頃は比較的穏やかな天気になりそうです。週末は再び大雪の可能性もあるため、金曜日までに雪下ろしなどが進められると良さそうです。

当記事は日直予報士の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ