藤原竜也「画期的なドラマを作らせてもらった」『青のSP』スタート


俳優の藤原竜也が、きょう12日にスタートするカンテレ・フジテレビ系ドラマ『青のSP(スクールポリス)―学校内警察・嶋田隆平―』(毎週火曜21:00~)の見どころなどを語った。

藤原が演じる嶋田は、警視庁捜査一課の敏腕刑事でスクールポリスを志望した冷静沈着で毒舌家というキャラクター。“守ってやるが、容赦はしない”の言葉通り、教師でも生徒でも、法に触れれば容赦無く逮捕し、想像を絶する解決方法でトラブルに対処する。

今作について、藤原は「【スクールポリス】という制度を知らなかったんですが、撮影を重ねていくうちに非常に興味深いテーマだと感じて、自分も学びながら演じさせていただきました。面白い、画期的なドラマを作らせてもらったなという印象だった」と話す。

初回から繰り広げられるアクションシーンについては、「全編通して、非常に面白くなっていると思います。普段映画で活躍しているアクションチームを呼んで、派手なアクションをやらせてもらいましたから、アクションが見どころというか爽快に見られるシーンになっていると思います。ストーリーと合わせてアクションも見てほしいです」と見どころを紹介。「ここまでアクションで体のぶつかり合いがあると思っていなかったので、爽快感があると思います」と予告した。

そして、「警察のエンタテインメント作品としても見ていただけますが、悩んでいる子供たちの救いになる作品になっていればいいなとも思います。そのような言葉やシーンがたくさんありますからね。エンタテインメント作品である一方、『頑張らなくていいんだ』とか、背中を押してあげられるドラマになってくれたらいいなと思います」と作品に込めた思いを語っている。

当記事はマイナビニュースの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ