ぺこぱ・シュウペイ、まさかの誤字に「全治一生のケガをしました」

 お笑いコンビ「ぺこぱ」が12日、都内で行われた令和3年「はたちの献血」キャンペーン記者発表会にタレントの山之内すず(19)とともに参加した。

 一同は献血クイズに挑戦したが、シュウペイ(33)がフリップに書いた回答がまさかの誤字で本人は「全治一生のケガをしました」と慌てていた。

 「献血は主にどんなことに使用されるか?」という質問が出されると、シュウペイは「交通事胡のケガ」と回答。相方の松陰寺太勇(37)は「さんずいだったら湖じゃん!」と大笑いで、シュウペイは「血の気が引いてきた。いま献血してほしい…」と苦笑いだった。

 「M-1」をきっかけに否定しない漫才としてブレイクしたぺこぱ。今年の目標を聞くと、シュウペイは「相方にロケの罰ゲームをやらせていたので僕ももう少し体を張っていく」と宣言。松陰寺「ありがとう。いつまで続くのかと思っていたよ」と相方の申し出を喜んだ。

 松陰寺は“時を戻そう”というフレーズも流行ったが、新たなフレーズについては「狙いにいってできるものじゃない」と難色を示しつつも「世間のみなさんがひっかかる言葉があれば言っていきたい。でも“悪くないだろう”ももっと流行っていいと思う」と語ると、シュウペイは「そのフレーズ、初めて聞いたよ」とボケて笑わせた。

当記事はスポニチアネックスの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ