アーノルド・シュワルツェネッガー、トランプ氏は「史上最悪の大統領」議事堂乱入をナチスと比較も

米俳優で元カリフォルニア州知事のアーノルド・シュワルツェネッガー(73)が自身のSNSで動画を公開し、ドナルド・トランプ氏を「史上最悪の大統領だ」と激しく非難した。連邦議会議事堂への乱入はトランプ氏によるクーデター未遂だと述べ、ナチスによるユダヤ人への迫害「水晶の夜」と比較した。

現地時間10日、アーノルド・シュワルツェネッガーが自身のSNSで動画を公開し、6日にジョー・バイデン氏の当選認定を混乱させようとして米連邦議会議事堂を襲撃したドナルド・トランプ氏の支持者と、騒ぎを煽動したトランプ氏を強く批判した。

アーノルドは米国とカリフォルニア州の旗をバックに、第二次世界大戦後のオーストリアで育った自身の経験と今回の議事堂乱入事件を重ね合わせてこう話した。

「この国へ移住した者として、アメリカ人の同志や世界中の友人達にここ数日の出来事について少しだけ話したい。私はオーストリアで育った。クリスタル・ナハト(水晶の夜)のことは良く認識している。」

水晶の夜は1938年、ドイツ各地で一夜にして起きた反ユダヤ主義による暴動である。ユダヤ人の居住地や商店、シナゴーグなどが破壊され、破損したガラスが月明かりで水晶のように輝いたことからそう呼ばれた。アーノルドは水晶の夜について米極右過激派組織「プラウドボーイズ」と同等であるナチスによって行われたと批判したうえで、議事堂乱入事件を「あの水曜日は、米国で“水晶の夜”が起こった日だった」とナチスの襲撃と比較した。

「彼らは米連邦議会議事堂の窓を破壊しただけではなく、我々が当たり前だと思っていた考えを破壊した。民主主義の建物のドアを壊したうえ、国の基盤を踏みにじったのだ。」

「私は第二次世界大戦が終結した2年後の1947年に生まれ、民主主義を失った廃墟で育った。歴史上最も邪悪な政権に参加したことへの罪悪感を酒で紛らわす、壊れた男達に囲まれていた。」

「みんなが過激な反ユダヤやナチスというわけではなく、多くの人が流れに従い一歩一歩進んでいった。彼らは隣人だった。」

アーノルドはこれらが多くの嘘や不寛容から始まり、父や隣人らも嘘に惑わされていたと明かした。そして「物事がどのようにして制御不可能に至るかをこの目で見てきた。我々は、私利私欲と冷笑主義の悲惨な結末を意識しなければならない」と述べた。

さらにトランプ氏について「公正な選挙の結果を覆そうとし、嘘で人々を惑わしてクーデターを起こそうとした。指導者として失格だ。史上最悪の大統領として歴史に刻まれるだろう。救いなのは、彼が古いツイートのように消えてなくなることだ」と強く批判した。

その後アーノルドは、自身の主演映画『コナン・ザ・グレート』(1982年公開)の思い出として保管していた「コナンの剣」を手に持ち、こう伝えた。

「これはコナンの剣だ。剣はハンマーで叩いた後、加熱と冷却をすることで強く鍛えられる。我々の民主主義はこの剣の鋼鉄のように、鍛えれば鍛えるほど強くなるのだ。」

最後にアーノルドはバイデン次期大統領へ「あなたが成功すれば、この国も成功する」と支持を表明し、人々に米国が次の章へ突入した際に結束するようにと呼びかけた。



画像は『Arnold Schwarzenegger 2019年11月18日付Instagram「You asked for it...」』『Arnold 2021年1月10日付Twitter「My message to my fellow Americans and friends around the world following this week’s attack on the Capitol.」』のスクリーンショット

(TechinsightJapan編集部 寺前郁美)

当記事はテックインサイトの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ