さまぁ~ず、三四郎・小宮浩信のファンとの接し方に苦言 「ファン減らない?」

しらべぇ




11日深夜放送『さまぁ~ず論』(テレビ朝日系)に三四郎・小宮浩信と相田周二が登場。ファンとの接し方を赤裸々に明かし、さまぁ~ず・三村マサカズと大竹一樹から驚きの声が漏れた。

◼同じ東京芸人でも…


さまぁ~ずに聞きたいテーマをゲストが提案しトークを展開する同番組。「東京芸人に比べて地方芸人にはハングリーさがある」との話題から、同じ東京芸人でも、成城学園出身のお坊ちゃま芸人である三四郎とは違うとさまぁ~ずは主張する。

番組でウケなくても気にしないという相田に驚きつつ、自分達には「(三四郎にはない)泥臭さがある」と解説した。

関連記事:三四郎・小宮浩信、家が裕福ゆえに起きた学生時代の悲哀を回顧

◼芸人になった理由


大竹は「お笑いは1番人気のない職業だった。モテるモテないとか、金になるとかなかった」と振り返ると、小宮から「モテたいと思って事務所に入ったのでは?」と質問が飛ぶ。

これに大竹は「笑いがほしいから(芸人になった)」と即答し、三村も「芸人になる前からモテてた」と反論。小宮は「めちゃくちゃ僕がちっぽけじゃないですか」と苦笑した。

◼小宮はモテたい


「お笑いって言うとモテない。隠して声をかけていた」という大竹に、「なんでお笑いの世界に飛び込んだのかって話。僕らはモテたいから入った」と力説する小宮。これに大竹が「お笑いがやりたいから」と返す。

小宮は「学生時代とかは100人いて1人ぐらいが好意を持ってくれてたけど、芸人になると分母が増えて1万人になる。基本モテないけど、ファンとかが出待ちしてくれるから、ファンと連絡先を交換する」とモテない学生時代を過ごしたがゆえに、芸人になってファンに手を出すようになったと強調した。

◼三村は苦言も…


三村は「なんでファン狙ってるんだよ」と小宮のスタイルに困惑。「全然いきます」と胸を張る小宮に「手を出すと、その子はファンじゃなくなっちゃうんじゃないの?」と三村が尋ねる。

小宮は「ファンじゃなくなっちゃう。ファンは減るけど収録で頑張ってまたファンを増やす」と手を出して減った自分のファンを補充し続けていると笑った。

◼芸人とファンの関係


ネットでは以前から「芸人とバンドマンはファンに手を出すものだっておばあちゃんが言ってた」「お笑い芸人って何か自分のファンに手を出したらいけないみたいな暗黙のルールがあるっぽいけど、あれは何でだろう? ファンじゃない人を最初から頑張って口説くのが美徳なのかな?」と芸人とファンの関係についての意見が散見されている。

芸人がファンに手を出した話は珍しくないが、小宮のように「モテたい」わけではなく「笑いをやりたい」さまぁ~ずには納得できなかったようだ。

・合わせて読みたい→三四郎・小宮浩信、神田伯山に嫌われた理由に憤慨 「知らないですよ僕は」

(文/しらべぇ編集部・サバマサシ

当記事はしらべぇの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ