加藤綾子に殺到の「思わぬオファー」とは?美女アナ“福女は私”バトル現場!

アサ芸プラス


 新年を迎え、テレビ各局の春の大型改編動向が徐々にわかってきた。そうした中、女子アナたちもまた「福マンは私」とばかりに様々にアピールを始めつつある。そうした最新情報をチェックしているのが、1月12日発売の「週刊アサヒ芸能」だ。

例えば連日、新型コロナウイルスの新規感染者数が最悪を更新する中、“思わぬ特需”に沸いているというのが、「Live News イット!」(フジテレビ系)のMCを務める加藤綾子(35)。

「世界中でステイホームが求められ、外出したくてもできない現状が、加藤にとって、はからずも千載一遇のビジネスチャンスになった形です」と前置きして、テレビ局関係者が、特需にいたる経緯についてこう話す。

「加藤は、19年に『会話は、とぎれていい』という『話し方指南本』を刊行し、話し方に関する講演の全国行脚にも意欲を見せていたんです。ところが1回50万円以上といわれる講演ギャラがネックとなり、さすがの加藤でも引く手あまたとはならなかった」

そんな中、昨年来から世界はコロナで、コンサートや講演会などのビジネスは続々と中止や延期が発表されたが、そんな中で、ある「オファー」がカトパンの元に届いたというのだ。

「コロナ禍のステイホーム需要に『話し方講座』というテーマがマッチし、彼女に『オンライン講師』のオファーが殺到するようになったんです。実地での講演会は割高感があった加藤の話し方講座ですが、実質無制限の観客を相手にできるオンラインなら主催者も容易に元を取れる。彼女自身、現在は帯のニュース番組を担当していますから、時間的な制約もオンライン上ならクリアできます」(前出・テレビ局関係者)

他にもテレ朝内の“ポジション争い”を巡る三谷紬アナや森川夕貴アナの動き、TBSの未来のエース候補として注目される野村彩也子アナらの「局内評価」など8人の最新動向を、1月12日発売の週刊アサヒ芸能1月21日号が丸わかりレポートしている。

当記事はアサ芸プラスの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ