太平洋側で降雪、東京23区でも積もるところも 12日朝は交通障害に注意

Traicy

国土交通省は、11日夜から12日夕方にかけて西日本と東日本の太平洋側の山地を中心に大雪となり、平地でも積雪となるおそれがあるとして、十分に警戒するよう呼びかけている。

今回の雪は、これまで積雪のなかった太平洋側の平地で大雪となるおそれがあり、東京23区でも積雪となる所がある見込み。

12日午後6時までに予想される24時間の降雪量は、いずれも多い所で、関東地方北部の山沿いと甲信地方で15センチ、関東地方北部の平野部や箱根から多摩地方や秩父地方にかけて7センチ、関東地方南部の平野部で5センチ。東京23区でも1センチの降雪となる見込み。

東海地方でも、岐阜県の山地で20センチ、愛知県や岐阜県、三重県、静岡県でも多い所で5センチの降雪を見込む。近畿地方でも山地では20センチ、平地では10センチを見込む。中国地方でも山陽南部で大雪となる見込み。

1月7日からの大雪でも、交通に影響がでた九州でも降雪のおそれがあり、山口県を含む九州北部では、多い所で山地で15センチの降雪、平地でも大雪となるおそれがある。九州南部でも山地では大雪となるおそれ。

大雪のおそれがある地域では、車両の立ち往生に警戒し、不要不急の外出を控えるよう呼びかけている。また、全国的に夜にかけて雪が降る見込みで、特に12日朝は交通障害に警戒し、最新の気象情報や交通情報に留意するよう呼びかけている。

当記事はTraicyの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ