うれしいプロポーズだけではない!? プロポーズを断ったエピソード




プロポーズといえば女子の夢。と思いきや、すべてのプロポーズが幸せなものばかりではないのが事実。今回はそんなプロポーズを過去に断ったことがある方々からエピソードを集めてみました。

将来の家族に対する理想が違った

「この人以上に優しい人はこの世に存在しないでのはないかと思うほど、優しい彼氏だったのですが、将来の家族に対する理想が違ったのでプロポーズを断りました。
子どもが大好きで、子だくさんの家庭を築きたいと望む彼に対して、私は子どもは一生ほしくないと思っていたんです。逆のパターンはよくあるものの、私達の場合は、私が子どもを持つことがどうしても嫌だったので、子どもが大好きな彼とは結婚できませんでした」(29歳・Aさん)

▽ 子どもを将来持つか持たないかに関しては、結婚する上で重要な条件ですからね。

楽しく暮らしている将来が見えなかった

「5年間付き合ってはいたものの、別れたり復縁したりを繰り返していたので、プロポーズを受けたときに結婚してもうまくいく気がしなくて、断ったんです。
恋人同士のときには簡単に破局も復縁もすることができるけど、結婚したらそう簡単にはいきませんからね。彼のことは好きだったけど、2人で楽しく暮らしている将来も見えませんでした」(27歳・Eさん)

▽ 2人の楽しい将来が想像できない、離婚するのが目に見えている、そんなときには直感を信じるべきですね。

苦労しか見えなかった

「ミュージシャンとしてプロデビューすることを夢見て頑張っていた彼氏にプロポーズされましたが、断ってしまいました。
彼の夢を応援していたし、貧乏暮らしでも彼となら楽しいかもしれないと一瞬思ったのですが、周りの友人達から『苦労することになるから絶対にやめておけ!』と猛反対されて、たしかにどう考えても超苦労する未来しか想像できないのに、結婚してどうするんだろうと。のちに彼が借金を抱えていることも発覚し、結婚して彼の借金を背負わされなくてよかったと思いました」(30歳・Hさん)

▽ パートナーを苦労させることになるのに、プロポーズする人って一体なんなんでしょうね。

年齢的に考えられなかった



「大学生だった頃に、当時35歳だった彼氏にプロポーズされたのですが、私は年齢的に結婚のことなんて考えられなくて、お断りしました。
彼の年齢的には、結婚できる相手を探していて私と付き合っていたのかもしれないけれど、私はまだまだ結婚する気なんてなかったし。でも、彼にはちょっと悪かったなと思っています」(28歳・Kさん)

▽ 独身時代にやっておきたいことっていろいろありますからね。

プロポーズを断るのもなかなか勇気がいるもの。みなさんも過去にプロポーズを断った経験はありますか?

当記事は女子力アップCafe Googirlの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ