夫がセックス嫌いだと産後に知った妻の苦悩「5年で1回。ナマ殺しです」

女子SPA!

 セックスレス夫婦の多くは、「いつの間にかなくなっていた」と言う。

特別な理由があるわけではないのだ。「忙しくてめんどう」「疲れていてその気にならない」などが大半を占め、「配偶者とは仲が悪いわけではない」とも言う。

もちろん、お互いに納得していればレスは問題にはならない。だが、体の距離が心の距離に比例していくこともある。

夫がセックス嫌いだと出産後に知った妻に話を聞いた。

◆夫と最初の1回で妊娠。その後5年以上セックスレス

「私、結婚して5年なんですが、夫とは結婚前に一度しかセックスしてないんですよね」

びっくりするようなことを言うのは、マユさん(38歳)だ。そのたった1回で彼女は妊娠、2歳年下の夫と結婚したのだという。

「夫は5歳のひとり娘にデレデレ、とってもいい父親だし、同居人としても完璧なんです」

ふたりとも会社員だが、マユさんのほうが仕事量が多い。それを最初からわかっていたのか、夫は結婚当初から家事万端を引き受けてくれた。

「私がもともと家事が苦手ということもあるし、妊娠してからは仕事だけで精いっぱい。夫は料理も家事も手際がよくて、よくお風呂で髪を洗ってくれたりもするんです。

すごく甘やかしてくれましたね。私はそれを愛情だと思っていたんだけど、おそらく男女の愛情ではなくて、自分の子どもの母親への情だったんでしょうね」

◆出世欲がなく家族にエネルギーを注ぐ夫

無事に出産してからも、夫は1ヶ月の産休をとり、世話をやいてくれた。夫が勤める会社では男性の産休は珍しかったようだが、上司に理解があり実現したという。

「夫は出世欲がまったくない人なんです。仕事は生活を楽しむための糧を得るだけと割り切っています。よけいなエネルギーは仕事には注がないみたい(笑)」

家族のために夫は時間と労力を割く。娘の保育園の送り迎えはほぼ夫が引き受けている。その後、夫は夕食の支度をして子どもに食べさせる。

「私は帰宅してから娘とお風呂に入って、夫が娘を寝かしつけている間に夕飯をとる。そんな感じですね。周りからは羨(うらや)ましがられていますよ、そこまでやってくれる夫はいないって。私もそうは思います」

夫に比べるとマユさんには、出世欲もあるし仕事で自己実現をはかりたい欲求も強い。夫は「マユはそれでいいんだよ」と応援してくれている。家庭はうまくいっているのだ。

◆女として満たされたい

家庭は順調だが、マユさんはときどきふと寂しくなる。夫とはこのまま、一生に一度のセックスで終わってしまうのかと思うからだ。

「もちろん、何度か私から水を向けたこともあります。だけど夫は『ごめん、僕さあ、実はそういうことがあんまり好きじゃないんだよね』って。娘が3歳くらいのときにそう言われました。結婚前に一度だけしたのも、いわば勢いというかなりゆきというか。そんな感じだったようです。

でも私と結婚したことは後悔していない、マユのことは信頼しているし愛している、とっても幸せだよと満面の笑みで言われて、私もそれ以上迫れなかった」

夫がいい人だからこそ、マユさんは浮気もできないと言う。

「夫は私が悶々としているのをわかっているんでしょうね。『マユちゃん、僕から離れないでね』とときどき言うんですよね。離れなければ浮気してもいいということなのか、浮気はするなということなのかわからないけど。

だけど私は、身も心もというのが夫婦の基本だと思うんです。夫が私を家族としか見ていないのが寂しい。でもそれは夫には伝わらない。したくない人に無理強いするわけにもいかないし。悩ましいです」

◆体の距離は心の距離?

夫が性的興味をほとんどもっていない人だと結婚前に知っていたら、彼女は結婚に踏み切ったのだろうか。

「妊娠しなかったら、当分、結婚はしなかったと思います。夫になった彼とは友だち関係だったかもしれませんね。人間的には本当にいい人だから。

私が酔って家まで送ってもらって、勢いでそういうことになったけど、そうならなかったら彼も私には興味をもたなかった可能性があるし。でも彼はセックスできない人ではないんですよね。極端に性欲が薄いんだと本人は言うんですが。でも『したい』欲求がないから、病院に行こうと言っても及(およ)び腰。あんまり言うと彼がへこんでしまうので言えない状態です」

男性がいるのにセックスはできない。性欲のある女性からすると「生殺しの生き地獄」だとマユさんは言う。それもそうだろう。

「絶対バレない対策をした上で、アウトソーシングするしかないのかもしれないと今は思っています。あらためて夫に私が浮気したらどうする、と聞くのも酷なので、ひっそりと。性欲だけを解消する術を探したいですね」

冷静に話しているマユさんだが、実際には「体中がねじれるようなつらさ」に苛(さいな)まれているという。そういう妻の状況を夫はおそらく知らないのだろう。このまま体の距離が心の距離になっていくことを、マユさん自身が怖れている。

―シリーズ「結婚の失敗学~コミュニケーションの失敗」―

<文/亀山早苗>

【亀山早苗】

フリーライター。男女関係、特に不倫について20年以上取材を続け、『不倫の恋で苦しむ男たち』『夫の不倫で苦しむ妻たち』『人はなぜ不倫をするのか』『復讐手帖─愛が狂気に変わるとき─』など著書多数

当記事は女子SPA!の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ