YouTubeが全く伸びない芸能人3選! 知名度バツグンなのにダメダメなワケ

まいじつ

矢口真里 
(C)まいじつ 

「YouTubeの方が稼げる」と主張する芸能人がいる一方で、YouTubeでまったく稼げていない芸能人も多くいる。そこで今回は、YouTubeチャンネルがまったく伸びていない芸能人たちを紹介していこう。

まずは、謎かけで一世を風靡したお笑い芸人のねづっち。もはや彼のYouTubeチャンネルは〝殿堂入り〟と言っていいほど伸びていない。2014年からYouTubeを開設している古参の彼だが、毎日のように更新している謎かけ動画の再生回数は数百回ほどしかなかった。

最近では、再生回数があまりにも低いことで逆に注目されて数字を伸ばし出しているが、それでも1000回を超えればいい方で、かつて大ブレークした面影は全くない。

ファン0人説の勝俣州和もやっぱり爆死


続いては、ファン0人説でお馴染みのタレント・勝俣州和。昨年4月にYouTubeチャンネルを開設したものの、1万回を超えるような動画は少ない。また、再生回数が高いのは、『とんねるず』の裏話を明かした動画や、哀川翔や志村けんさん、『鬼越トマホーク』『ダウンタウン』など、話題の人やビッグネームを全面に押し出したものばかり。『SMAP』に関しては、5回も動画を投稿する便乗っぷりだ。

さらに『アンジャッシュ』渡部建の不倫が発覚した際には、何と翌日にさっそく《【緊急トーク!】渡部建さんの件に勝俣が答える》との動画を投稿。サムネイルには渡部と自身の顔を並べ、まるで対談であるかのような〝釣り画像〟まで作ってヒンシュクを買うなど、なりふり構っていられない状態も垣間見える。

最後はタレントの矢口真里と手島優がコンビを組んだYouTube。9月末にチャンネルを開設した2人だが、しょっぱなから「登録者数は伸びないと思ってる」「ここはプライベートに一番近い場所だと思って運営したい」「ホームビデオだと思ってみてほしい」と予防線を張りまくっていた。そして案の定、再生回数はまったく伸びておらず、初回投稿を除けば1万回に届いている動画は一つもない。

テレビから消えた芸能人が行きがちなYouTubeだが、テレビから消えるような芸能人では、稼ぐことは難しいようだ。これからのバズりに期待したい。

当記事はまいじつの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ