のん、6年ぶり実写主演映画が絶賛!21年逆襲への心配は「唇NG」!?

日刊大衆


のん

2020年12月18日公開の、のん(能年玲奈・27)の主演映画『私をくいとめて』が高い評価を得ている。

2013年のNHK朝の連続テレビ小説『あまちゃん』以来となる、のんと橋本愛(24)の共演も注目されたが、同年の『東京国際映画祭』で観客賞/東京都知事賞を受賞した。

SNS上でも「『私をくいとめて』観た。のんちゃんの役者としての才能と努力と気迫がもの凄かった」「スクリーンで大写しになったのんの可愛さ美しさに見とれてました」「のんちゃんの可愛さ爆発イメージ映画やったな」など称賛が相次ぎ、大きな話題となっている。

「のんにとって『私をくいとめて』は、2014年公開の映画『海月姫』以来、約6年ぶりの実写映画主演作です。2016年に主演したアニメ作品『この世界の片隅に』も大変な話題になりましたが、やはりのんの魅力はすごいということですよね」(芸能記者)

■CMに音楽に大活躍!

 2020年、のんは映画だけではなく、印刷サービス大手の「ラクスル」、「岩手銀行」、「マルコメ」、「JA全農いわて」といった多くの企業のCMに出演。さらに、JR西日本「ホーム転落防止キャンペーン」のイメージキャラクターも務めている。

「音楽活動も活発で、2018年に高橋幸宏(68)や矢野顕子(65)ら大物ミュージシャンが参加したアルバム『スーパーヒーローズ』にはじまり、2019年『ベビーフェイス』、2020年には『ショーがはじまるョ!』と3年連続でアルバムをリリースしています。

2015年の独立騒動から苦労続きだったのんの活動ですが、地道に活動を続けて評価を獲得しています。“役者としてこれだけ魅力的なのんをなんでもっと映画やドラマに起用しないのだろう、ほんとうにもったいない”“のんちゃん、もっと映画やドラマ出て欲しい!”といったネットでの待望論も少なくないですし、いよいよ2021年には再ブレイク、地上波ドラマでも活躍というところが期待できるのではないでしょうか」(前出の芸能記者)

■再ブレイク期待の裏に懸念材料も

 2021年、のんの実力に見合った活躍が期待される一方で、芸能プロ関係者は“懸念材料”も挙げるのだ。

「今年は、のんさんとしても、地上波ドラマ含め、さまざまな作品に出て役者としての経験を積み、再び大きなチャンスをつかみたいところでしょうね。ただ、以前からのんさんにはどうしても“NG”なことがあるそうで、そのせいで出演する作品の幅を縮めることになってしまうかもしれません」

のんの“NG”――。それは「キスシーンですよ」と前出の芸能プロ関係者は言う。

「20代前半の頃、彼女自身も明かしていますが、のんさんは、27歳になった今でもキスシーンはダメだという話ですね。

以前、出演した映画『ホットロード』でも、台本にあったキスシーンを、のんさんサイドの意向でカットしてしまったそうです。キスシーンは恋愛ものにはつきものですし、それで作品に出られないようなことになればもったいないですよね。2021年、逆襲の足かせにならなければ良いのですが……」(前同)

圧倒的魅力を誇る女優・のんのさらなる活躍を期待したい!

当記事は日刊大衆の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ