明石家さんま、嵐の活動休止で思い語る 「ひとつの夢が消えた」 

fumumu


明石家さんま

ラジオ番組『ヤングタウン土曜日』(MBS)で、パーソナリティを務める明石家さんまさんが、『嵐にしやがれ』最終回で繰り広げた“勝負”にあえて負けていたことを告白。

その理由に、嵐のファンからは歓喜と感謝の声が続々。そして、さんまさんの「ひとつの夢」と語った、嵐への想いにも大きな反響が寄せられています。

■『嵐にしやがれ』最終回に登場


先月26日に放送された『嵐にしやがれ』最終回では、ゲストと嵐が料理をかけて早押しクイズで対決する人気企画「グルメデスマッチ!」に、さんまさんが登場し「明石家さんま 大好物デスマッチ!」を実施しました。

クイズには嵐のメンバー次々と正解し、5人が並んで食事をする姿が放送されました。

関連記事:明石家さんま、フワちゃんをダダスベリさせたことを告白 「申し訳ない」

■わざとクイズに負けた?


9日放送の『ヤングタウン』では、リスナーから届いた「『嵐にしやがれ』最終回で、さんまさんはわざとクイズに負けて、最後に嵐5人でご飯を食べるシーンを作ってくれたんですよね? ありがとうございます」とのメッセージを紹介。

これには、さんまさんが「これはマジやからね」と即答。続けて「最後のバラエティで、ご飯を食べるシーンを5人にせなアカンから、俺は勝ったらアカンやろ」と実際に5人で食べさせるため、負けていたことを明かしました。

■5人の食事シーンに「グッときてた」


続けて、さんまさんは「俺は見たかったんです。最後の晩餐のイメージで、5人が食事してるシーン」と語り、5人が並んだ姿には「グッときてた」と振り返りました。

さんまさんが5人に向かって「もうこの5人で食事することないやろ?」と問いかけると、櫻井さんは「また連絡して、また5人で食事しますよ」とのやりとりは番組でも放送されましたが、これについても「泣くと思ってたんですよ、5人が。『これで最後か』って…」と、狙い通りの展開にならなかったことを暴露しました。

■さんま「ひとつの夢だった…」


また、さんまさんは50歳の嵐を紹介して「五十嵐さんです!」と言いたかったようで、嵐に会うたびに「50まで続けてくれよ」と伝えていたことを告白。

その時は、さんまさんが『紅白歌合戦』で司会を務め「嵐が50になりました、五十嵐さんです!」と紹介することが夢だったことも明かしました。そして「ひとつの夢だったんですけど、それが消えたんですよ」と、心情を吐露しました。

■「さすが、さんまさん」「絶対に見たい」


『嵐にしやがれ』での粋な計らいには、嵐のファンから「さんまさん、親切すぎる…ありがとう!」「さんまさんが、ぐっときたっていう言葉を聞いて私もぐっときてしまった」「さすが、さんまさん、本当にありがとう」と感謝の気持ちを綴ったコメントが多く寄せられています。

また、さんまさんの夢について「五十嵐を紅白で紹介するってさんまさんの夢が叶うといいな」「五十嵐さんです!って笑ってしまったけど、絶対に見たいシーンだなぁ」「さんまさんの夢、嵐ファンの私にとっても夢になった」と、夢が現実に願う言葉も見られます。

今は一旦、それぞれの道に進んだ嵐ですが、50歳を迎えた時の紅白…楽しみにしたいですね。

・合わせて読みたい→明石家さんま、ロケを共にする相棒犬の名前に「アホか!」「俺を潰すよね」

(文/fumumu編集部・冬野 とまと)

当記事はfumumuの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ