井頭愛海、成人式を迎え「不思議な気持ち」 両親への感謝の気持ちもコメント

しらべぇ




オスカープロモーション所属の⼥優・井頭愛海、尾碕真花、俳優・奥野壮(男劇団 ⻘⼭表参道X)の3人が新成人を迎え、昨年12月に撮影された成人式用の前撮り写真が到着した。

画像をもっと見る

■華々しい賞で芸能界入り


井頭と尾碕は、2012年8月に開催された「第13回全日本国⺠的美少⼥コンテスト」で、2人揃って審査員特別賞を受賞。

奥野は2017年11月に開催された「第30回ジュノ ン・スーパーボーイ・コンテスト」で、フォトジェニック賞&明白美顔ボーイ賞をW受賞し、芸能界での活動を開始した。

奥野は昨年8月21日、尾碕は昨年12月2日に、井頭は今年3月15日にこれから20歳を迎える。

関連記事:本田望結、晴れ着姿で来年の抱負語る 「憧れの17歳に」「自分に期待しています」

■井頭「不思議な気持ち」


また、成人式を迎えるにあたって、3人からのコメントも到着している。

―――成人式を迎えた今の気持ちは?

井頭:この日を迎え、⼤人の仲間⼊りへの第⼀歩を踏み出すことができ、とっても嬉しいです︕︕  早かったような、やっとなれたような、 不思議な気持ちです。笑


―――10代を振り返ってみていかがですか?

井頭:10代を振り返ると友達と遊ぶ時間よりも、地元の⼤阪と東京を往復しながらレッスンをたくさん受けたり、お仕事したり、学業の両⽴に、毎日、我武者羅に過ごしていたなと感じます。  学生のときの自分を褒めてあげたいです。笑

小学6年生の時に芸能界に⼊って、今まで続けられているのも、 自分はこの仕事が好きなんだなと感じました。


■家族と初シャンパンを飲みたい


―――10代で一番印象に残っていることは? その理由も教えてください。

井頭:12歳で1人ラーメンをしたことです。笑  ちょっと⼤人ぶって隣のサラリーマンの人と肩並べて食べたのはいい思い出です。  今思うと笑っちゃいます~笑笑


―――20歳になって最初にしたいことは?

井頭:家族と⼀緒に初シャンパンを飲みたいです︕

■両親に感謝の気持ちを


―――無事に20歳を迎えることができた感謝の気持ちを伝えるなら誰にどんな言葉を?

井頭:両親に、どんな時も私の味方でいてくれて、いつも支えてくれて、応援してくれて、⼤切に育てくれてありがとう。

本当に感謝しています。これから、たくさん恩返しできるように、素敵な⼤人になってもっと頑張るね︕︕   と伝えたいです。


――― 20歳という響きで感じることは?

井頭:⼤人になったんだ! と感じます。背筋がピンと伸びて気合いが⼊り、新しい扉を開いたような気持ちになります。


■2021年もアクセル全開で!


―――20代でやりたいこと(挑戦したいこと)は?

井頭:色んな人に会って、沢⼭話を聴きたいです。 10代の頃は、作品の打ち上げなどは1次会しか参加できなかったのですが、こらからは、2次会にも参加できるのでコロナが収束したら、⾏ってみたいなと思います︕︕


―――2021年の目標を教えてください。

井頭:これからは、⼀人の⼤人として責任を持ち、感謝の気持ちを忘れずに、自分らしく生きていきたいなと思います。2021年もアクセル全開で頑張ります︕︕

■尾碕、10代は「自由に生きてた」


―――成人式を迎えた今の気持ち は?

尾碕:ここまで私を育ててくれた両親に感謝しています。そして、支えて下さった仕事関係の皆様、友達や愛犬にもすごく感謝しています。


―――10代を振り返ってみていかがですか?

尾碕:自由に生きてたなあ…と思います。 好きなことを、ほとんど好きなだけさせていただいた気がします。(笑)


――― 10代で一番印象に残っていることは? その理由も教えてください。

尾碕:やはり、1年間同じ役で撮影をした『騎⼠⻯戦隊リュウソウジャー』という作品に携われたことです。自分がどんな人になりたいか、どんな人でありたいかなど内面の変化も実感できたからです。


■20歳になった記念でお酒


―――20歳になって最初にしたことは?

尾碕:20歳になった記念で、その日はお酒を飲みました!  お仕事だったので、仕事終わりに買って帰りました。


―――無事に20歳を迎えることができた感謝の気持ちを伝えるなら誰にどんな言葉を?

尾碕:家族や友達に。両親には育ててくれたこと、私の仕事を応援してくれること、とても感謝しています。 愛犬は、私の日々の精神を常に癒してくれるかけがえのない本当に⼤切な存在で⼤好きです。

友達には、私を明るく居させてくれること、前を向いて頑張らせてくれることに感謝しています。

■責任感を⼤切にしていきたい


―――20歳という響きで感じることは?

尾碕:「責任」。 去年、『梨泰院クラス』という作品を⾒たんですけど、その作中で未成年飲酒が問題になるシーンがあって、主人公のパクセロイが「責任が取れないから未成年者なんだ」と未成年者に⾔う台詞がありそれがとても感心させられたし、なるほどと思いました。

だから、20歳になり未成年じゃなくなった私は責任感を⼤切にしていきたいです。


■唯⼀無二な⼥優に


―――20代でやりたいこと(挑戦したいこと)は?

尾碕:10代のウチにできなかったのでバンジージャンプや体を張った何かをしてみたいです。(笑)


―――2021年の目標を教えてください。

尾碕:コロナ禍の中で、私たちエンタテインメント業界においても⼤変な状況が続くことが予想されますが、 その中でも演じる役の幅を広げ、唯⼀無二な⼥優になっていきたいです。

そのために、たくさんのことを経験して日々の生活を役に活かしていきたいです。

■奥野「気が引き締まる思い」


―――成人式を迎えた今の気持ちは?

奥野:今まで10代でまだ子供と周りの人に頼ってしまうことばかりだったのですが、成人式を迎えた今、しっかり自⽴して生きていかなくてはと気が引き締まる思いです。


―――10代を振り返ってみていかがですか?

奥野:基本的にやりたいこと、好きなことをとことん楽しんできた10代でした。幼少期からクラシックバレエに真剣に取り組んできて、10代後半では今の仕事に出会えた。

今はお芝居に夢中だし、周りの人達に助けられながら素敵な10代を過ごさせてもらったなと思います。


■⼤好きだったバレエを辞め…


―――10代で一番印象に残っていることは? その理由も教えて ください。

奥野:⼤好きだったバレエを辞めたことです。それまで11年間続けてきたバレエを辞めることは僕にとって⼤きな決断だったし、印象に残っています。

当時は悔しい思いを感じていましたが、今となってはバレエを辞めたからこそ今の仕事にも出会えたし、自分の人生においてプラスの選択だったはずだと思っています。


―――20歳になって最初にしたことは?

奥野:芝居です。1番⼤好きなことだし、今年もたくさんの役と向き合いたいです。

■20歳という響きに「改めて⼤人なのだと」


―――無事に20歳を迎えることができた感謝の気持ちを伝えるなら誰にどんな言葉を?

奥野:⽗と⺟に、今まで自分のやりたいことに夢中になれたり、今の仕事を始めることになったとき、何をするにも協⼒的でこれ以上ない支援をしてくれたので、「今までありがとう。これからは少しでも自分の⼒で歩んでいけるよう頑張ります」と伝えたいです。


―――20歳という響きで感じることは?

奥野:改めて、⼤人なのだと感じます。

■⼤人な趣味が欲しい


―――20代でやりたいこと(挑戦したいこと)は?

奥野:プライベートでは⼤人な趣味が欲しいです。 仕事面では自分の武器になるものを増やせると良いなと思っています。


―――2021年の目標を教えてください。

奥野:今までと変わらずたくさんの作品、役と出会って真摯にお芝居と向き合うこと。


・合わせて読みたい→尾木ママ、竹内結子さん訃報に悲痛コメント 「社会心理的な連鎖の怖さ」訴え

(文/しらべぇ編集部・音無 まりも

当記事はしらべぇの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ