記録的な大雪、窓からの景色をよく見ると… 「公式」も爆笑のテクニックが話題

しらべぇ


年明け早々、全国各地を記録的な寒さが襲っている。大雪や暴風雪といった被害に見舞われる地域も少なくないが、ツイッター上ではその「積雪量」を活かしたたくましい写真が話題を呼んでいる。

■窓を開けるとそこは…


注目を集めているのは、ツイッターユーザーの「石ころ(偽名)」さんが8日に投稿した複数のツイート。「カーテン開けたら思ってたより世紀末だった」と書かれた投稿には、窓の外の様子が写った写真が添えられている。

そこにはとんでもない量の雪が「降っていた」のでなく、「積み上がっていた」のだ。窓の高さの半分以上を雪が覆い尽くしており、まさに「世紀末」と称するに相応しいだろう。



関連記事:年末年始は列島に寒波… 理想的な転び方までまとめた「大雪対策集」が公開

■極限状態の中、奇策閃く

(画像提供:石ころ(偽名)さん)
思わず絶望してしまいそうな状況だが、続いて投稿されたツイートは、まさに「逆転の発想」と呼ぶべきもの。なんと「石ころ(偽名)」さんは窓の外に積もった雪の一部分をくり抜き、中に缶ビールをセットしたのである。

こちらの様子が収められたツイートには「こうなったらもう、楽しんだ者勝ちだと思う」ともつづられており、他のユーザーにもバカ受け。投稿からわずか1日足らずで、10万件以上ものRTを記録していた。



さらにこちらのツイートには、驚きの「後日談」が存在するのだ…。

■予想外の人物が降臨


ツイッター上で大きな反響を呼んでいるこちらのツイートに、なんと『キリンビール』の公式アカウントも反応。



雪の中で冷やされた自社製品を見て「本麒麟をご愛飲頂きありがとうございます」と感謝を述べつつ、「凍結により缶が破損したり、美味しさが損なわれてしまうことがあるので気をつけてくださいね」とアドバイスを寄せている。

■実際、とんでもない雪量だった


今回の投稿について「石ころ(偽名)」さんに詳しい話を聞いてみると、所在地は新潟県妙高市だという。やはりここ数年と比較すると尋常でない降雪量だそうで、「一度に降る降雪量は、体感で倍近く感じます」と振り返っている。

しかし40年近く前はこれくらいの雪が「当たり前のように積もっていた」というコメントも。

なお「冷蔵庫で冷やしたビール」と比較しての味わいの違いを訊ねたところ、「そりゃあ勿論、天然冷蔵ですから美味しいです(笑)とのこと。
(画像提供:石ころ(偽名)さん)
毎年雪が積もるとビールを冷やしていたのだが、今年は雪の量があまりに凄まじかったため、積もった雪を冷蔵庫型に利用することを思いついたそうだ。

しかし「本当の理由としては、冷蔵庫まで取りに行くのが面倒くさかったのと、Twitterのネタです(笑)」と、なかなか清々しいカミングアウトも飛び出した。

・合わせて読みたい→車のフロントガラス凍結を解消するスゴ技が話題 紹介者にコツを聞いた

(取材・文/しらべぇ編集部・秋山 はじめ

当記事はしらべぇの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ