当てはまるほどクロの可能性アリ⁉︎ 不倫したときに男性が「高確率でやる4つの行動」

ananweb

不倫が発覚するきっかけとして、“普段と違う行動を取る”ということがあります。それにより周囲から“違和感”を持たれ、疑われるというパターンが多いからです。しかし、不倫をしている当人は、それに気付かないことがほとんど……。そこで今回は、不倫をしたときに男性が高確率でやる行動について、元女探偵が解説します。
文・上岡史奈

■ 急に外見を気にしだす

不倫相手に「かっこいい」と思われたいがために、周囲が見えなくなっている男性のなかには、「俺ってまだまだイケてるかな?」「このお腹やばいかな?」など、身近な存在である妻に外見を確認してしまう人もいます。

急に、ジム通いを検討する、ランニングや筋トレを始める、香水をつけ始める、育毛剤や薄毛の治療に通い始めるなど、「女性目線を気にする」行動が出だしたら、背景に不倫相手がいる可能性は高いです。

■ 「困っている友達」の存在が突然登場する

不倫相手と会うために、家族と過ごす時間を急に減らしたら怪しまれるのは当然です。それは不倫をする男性も分かっているので、「不倫相手に会うための時間を作る理由」を必死に考える傾向があります。そこで登場するのが、「困っている友達」の存在。

不倫のアリバイとしては、「離婚するか悩んでいるらしい」「転職の相談を受けたので、人を紹介する」など、緊急性が高く、土日や遅い時間に出かけても怪しまれないようなものが多いです。また、実際の友達の名前を出して、相談に乗るという話をする男性も少なくありません。

それまで名前を聞いたこともなかったような「悩んでいる友達」に、夫が急に親身になりだしたら、怪しいと思ったほうがいいでしょう。

■ お小遣いアップを主張してくる

不倫には、どうしてもお金がかかりがち。普段のデート代に加えて、不倫相手の誕生日やイベントなど、何かと出費が増えるため、お小遣い制の男性だとお金のやりくりが厳しくなります。

そこで、「後輩におごる機会が増えた」「異動で付き合いが増えた」など、最もらしい理由をつけてお小遣いアップを主張する既婚男性は多いです。

筆者が知っているケースでは、仕事帰りに日払いのアルバイトで足がつかないようにし、不倫のデート代を捻出している人や、保険を解約して遊ぶお金にあてた人などもいました。

■ スマホをお風呂に持ち込む

今や探偵社に「夫が不倫している」と相談してくるケースのほとんどは、「夫のLINEを見たら黒だった」という場合が多いです。そのため、スマホを見られたくない夫は、お風呂やトイレなどどこへでもスマホを持ち込むようになります。

不倫相手とLINEをする機会が増えることで、その通知によって怪しまれる場合も少なくありませんが、“スマホを肌身離さず持ち歩くようになる”という行動は、不倫中の男性がしがちなものの1つです。

不倫がバレる理由のほとんどは、日常生活のルーティーンとかけ離れた行動を取ることで周囲に怪しまれることです。

不倫は期間が長くなればなるほど別れにくくなるもの。もし「何か変だな」と思ったのなら、早めに夫に「気付いているよ」と釘をさすことは、夫の不倫を止める効果的な手段の1つですよ。

(C)Westend61/gettyimages(C)ajr_images/gettyimages

当記事はananwebの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ