賀来賢人 番組スタッフと新春ガチ対決! 勝敗のゆくえは…?

TOKYO FM+

俳優の賀来賢人がパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「賀来賢人 SUZUKI “KENTO’S CLUB”」。1月6日(水)~1月7日(木)の放送では、番組企画をお届けしました。



パーソナリティの賀来賢人

◆番組AD とのガチ対決企画再び!
番組ADから、会長(※本番組での賀来の呼称)になにやらお願いしたいことがあるということで、リモートで話を聞いてみることに。会長が「お願いってなに?」と単刀直入に尋ねると、「お年玉がほしい。久しぶりに誰かからお金をもらいたいんです(笑)」と番組AD。

そこで、会長と番組ADによるガチの対決企画を実施することに。ちなみに、過去にも2人はビリビリペンなどで対決しており、これまでの対戦成績は1勝1敗のタイ。

今回、会長が負ければ、希望通りお年玉をあげる。逆に会長が勝ったら「俺が『いいよ』って言うまで、しばらく髭を伸ばし続ける」に決定。

第1戦目は「黒ひげ危機一発」対決。お互いの目の前にある「黒ひげ危機一発」に剣を順番に刺していき、黒ひげくん人形が先に飛び出したら負けです。早速、対決がスタートしますが、ラジオがゆえに戦況を観ることはできません。“カチッ♪”「あ……」と番組ADが思わず反応。

なんと1ターン目で黒ひげくん人形が飛び出し、会長の勝利。まさかの展開に、会長は「ウソでしょ(笑)」と信じられない様子。あっけない試合展開に、会長はもう1度チャンスを与えます。

仕切り直して、「黒ひげ危機一発」対決が再開! 「はい、セーフで~す」、「はい、セーフで~す」……と数回互いのかけ声が続いた後、「うわぁ!」と絶叫したのは、会長。

1勝1敗となるも、まだ番組の尺が余ってしまうので、勝敗を決するべく第3戦目に突入。結果は会長の勝利となるも、番組ADから「諦め切れないので、明日も勝負してもらっていいですか?」と泣きの要求。やさしい会長は快諾し、対決企画は翌日に持ち越しとなりました。

◆ガチ対決、勝敗の行方は…
会長の情けによって持ち越しとなった対決企画。今回はサイコロによる勝負。4つのサイコロを振って出目の合計が大きいほうが勝利というルールです。3投までできる権利があるものの、もし2投目が1投目の合計より小さかった場合、後戻りはできません。お互いの出目は見えないため、駆け引きが必要となります。

同時に1投目を振り、会長は自身の出目を確認し「強いよ」と自信満々。それを聞いた番組ADは2投目を申し出ると、会長も後追いで2投目を決意。

2投目を振ると2人とも「あ~……」と絶句。会長が早々に「振り直すわ」と宣言すると、番組ADも3投目に賭けることを決めます。そして迎えた、ラストの3投目。「せ~の!」のかけ声で発表した出目の合計は、会長16対番組AD18という結果に。会長は「昨日は勝ったけど、今日負けた分はお年玉をあげるのね。わかりました。じゃあ後日、(会うときに)お年玉を持っていきますよ」と潔く負けを認めます。

エンディングでは、2日間にわたる熱闘(?)を振り返り、「ラジオでこういう対決をするのは、けっこう難しいね。いろいろなゲームを模索してみます」と感想を口にしていました。

<番組概要>
番組名:賀来賢人 SUZUKI “KENTO’S CLUB”
放送日時:毎週月~木曜 16:50~17:00
パーソナリティ:賀来賢人
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/kento/

当記事はTOKYO FM+の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ