綾瀬はるか&高橋一生、“入れ替わり”演技に苦戦も今は楽しい?『天国と地獄』撮影振り返る

テレビドガッチ

綾瀬はるかが主演する日曜劇場『天国と地獄~サイコな2人~』(TBS系、毎週日曜21:00~、1月17日スタート)の制作会見が10日、東京・阿佐ヶ谷神明宮で行われ、主演の綾瀬ほか、共演者の高橋一生、柄本佑、北村一輝が出席した。

本作は、『世界の中心で、愛をさけぶ』(2004年)、『義母と娘のブルース』(2018年)など、数々のヒットドラマを手掛けてきた森下佳子によるオリジナルストーリー。鹿児島の奄美大島に伝わる「月と太陽の伝説」かのごとく、綾瀬演じる警視庁捜査一課の刑事・望月彩子と、高橋演じる殺人鬼・日高陽斗、相反する2人の魂が入れ替わることを皮切りに「善と悪」「女と男」が複雑に交錯するエキサイティングな物語が展開される。

会見は「月と太陽の伝説」にちなみ、太陽の神様である天照大神と月の神様である月読神が祀られた阿佐ヶ谷神明宮で行われ、綾瀬は、帯に月を誂えた蘇芳色の着物で登場。高橋、北村は袴姿で、柄本は二重回しをそれぞれ着用し、にこやかに会見に臨んだ。

綾瀬は「『義母と娘のブルース』の森下さんの脚本と(同作と)同じスタッフさん、さらに新たなスタッフさんも加わって面白い作品を作ろうと頑張っています。刑事役も初めてで、所作も、手錠とか慣れないものが多いのですが、ぼちぼちやっています。サスペンスではありますが、男女が入れ替わることでコミカルな要素も加わって、究極のスイッチサスペンスになっていると思います。皆さんに楽しんでもらえたら嬉しいです」と本作の見どころを紹介。

男女のスイッチが描かれることから、高橋演じる“日高”になりきった男性の演技が要求される現場だが、綾瀬は「頑張っています。ただ男性を演じるだけでなく、殺人鬼という設定。最初は高橋さんに助けてもらいながら試行錯誤してやっていました。高橋さんならどんな風に演じられるのかを直接聞いたりもしていました」と撮影を振り返る。「座り方、携帯の打ち方、些細なことですけど、話のテンポ感とかも高橋さんに近づけようって意識しました。最初難しいなって思ったけど、そのうちに楽しめるようになりました」と感想を述べる。

反対に高橋は、綾瀬演じる“望月”になりきった女性の演技が求められ、綾瀬同様に苦労があった模様。「女性を演じさせていただくというのは僕にとってハードルが高い。しかも綾瀬さんのようなキュートな女性になるので、やりすぎると反感を買いそうで……。針の穴に糸を通すように繊細にやっています」と照れ臭そうにコメント。「今となってはだいぶ馴染みすぎてきて、ふと気づいたら女性的になっている。プライベートでも自然と内股になっていたり。(女性になることが)苦しいということももう無くなっています」と今ではそんなシチュエーションの撮影を楽しめるようになったという。

綾瀬は、今回が初共演となる高橋について「趣味がすごく多くて、そこに対しての探究心もすごくて、物知りです。番宣でロケに行くと、キャンプの火の付け方や、木の切り方に詳しかったり。あと、サービス精神が旺盛で、常に笑わせようとしてくれています」と好印象を持っている様子。

また、柄本については、10代の頃『世界の中心で、愛をさけぶ』で共演していたことから「柄本さんは同世代感があって、ゆるくて、一緒にいると親戚みたいな気持ちになります」と。

そして、北村については「以前もご一緒したことがあるんですけど、お父さんみたいで、ふところに入ってよりかかりたい気持ちになります。(自分の演技を)いつも褒めてくれるので自信がつきます」とその印象を語っていた。

当記事はテレビドガッチの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ