「住みたい田舎」ランキング、2021年版の1位に輝いたのは?


宝島社はこのほど、月刊誌『田舎暮らしの本』2月号にて、「2021年版第9回 住みたい田舎ベストランキング」を発表した。

○「住みたい田舎ベストランキング」が決定!

同ランキングは、移住定住の促進に積極的な市町村を対象に、移住支援策、医療、子育て、移住者数など272項目のアンケートを実施。645の自治体から得た回答をもとに、田舎暮らしの魅力を数値化し、ランキング化した。

人口10万人以上の「大きな市」ランキングでは、愛媛県西条市が「総合」「若者世代」「子育て世代」「シニア世代」の全4部門で1位を獲得。同市には四国屈指の製造品出荷額等を誇る工業地帯があり、交通アクセスもよく、豊かな自然や食材に恵まれている。

人口10万人未満の「小さな市」ランキングでは、大分県豊後高田市が全4部門で1位を達成。168項目に及ぶ移住・定住支援があり、佐々木敏夫豊後高田市長は「若い世代からシニアまで住みよい環境が自慢です」とコメントしている。

「町」ランキングでは、島根県飯南町が「総合」「若者世代」「子育て世代」の3部門で1位に輝いた。医療・教育環境が整っており、住宅支援も手厚いため、豪雪地帯でありながら子育て世代の移住が増えているという。

「村」ランキングでは、長野県宮田村が「総合」「子育て」の2部門で1位を獲得。村内企業が多く、隣接する市にも通勤圏であり、3歳未満児専用の保育園も設置している。

各グループの総合部門トップ3は下記の通り。

■「大きな市」
1位:愛媛県西条市
2位:山口県宇部市
3位:静岡県静岡市

■「小さな市」
1位:大分県豊後高田市
2位:大分県日田市
3位:大分県臼杵市

■「町」
1位:島根県飯南町
2位:北海道沼田町
3位:長野県辰野町

■「村」
1位:長野県宮田村
2位:長野県木島平村
3位:長野県青木村

当記事はマイナビニュースの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ