渡辺正行×立川志の輔、爆笑年始対談「心の中で泣きながら、そのまま落語を続けるしかなかった」

日刊大衆


渡辺正行

『週刊大衆』で大好評連載中の『コント赤信号 渡辺正行 スター芸人たちの“笑いと涙”』の特別編。今回は、明治大学落語研究会時代の先輩・立川志の輔師匠との対談・後編を掲載! 新春恒例の落語会の話、立川談志師匠との思い出など、話が尽きない2人のやりとりを、どうぞ!!

※   ※

渡辺 2021年、新たな年を迎えましたね。新春で思い出すのは、40年以上前、三宅裕司さん(69)、志の輔さん、僕の3人で落語を披露した「志い朝の会」です。

立川 ああ、やったねえ~。毎年1月15日、今はなき上野の本牧亭で4年くらいやったよね。

渡辺 明大落研で受け継がれてる高座名「紫紺亭志い朝」の4代目が三宅さん、5代目が志の輔さん、6代目が僕。たしか三宅さんが言い出したんですよね。「卒業してから落語をやらなくなったから、3人で会を開こうよ」って。

立川 うん。1977年に始めた当時は、三宅さんも俺も役者を目指してアルバイト生活、ナベちゃんはまだ大学3年生。つまり、みんな素人だったんだけど、ホントに楽しかった。

渡辺 3人でお金を出しあって、伝統ある講談専門の寄席を借りて。自分たちでパンフレットも作って、木戸銭は99円。とりあえず知り合いを呼ぶんですけど、いつも満員でしたよね。

立川 本牧亭の管理人のような、いいお年の女性が一番後ろで観ててくれて、会が終わった後に挨拶に行ったら、「あんたたち、面白いわ」って褒めてくれたんだよ。毎日、プロの講談師の芸を観てる方の感想だから、ものすごくうれしかった。「来年も貸してください」って言うと、「いいわよ」って即答してくれたし。

渡辺 僕が一番下っ端で、落語も下手だったから、毎回、事前にめちゃくちゃ練習しましたよ。でも、僕は枕はウケるのに本編に入ると全然ウケないんですよね~。三宅さんの演劇仲間ということで観に来てくれた小倉久寛さん(66)からも、「渡辺さんは、落語はイマイチだけど枕が飛び抜けて面白いね」と言われて(笑)。

立川 そうなんだ(笑)。

渡辺 で、「志い朝の会」は、みんな忙しくなってから途絶えてしまったんですけど、十数年後に、もう1回やったんです。

■渡辺正行、ダダスベり!

立川 どこか大きな所だったよね?

渡辺 有楽町の朝日ホールですね。すでに立川流の真打に昇進してた志の輔さんはもちろん、三宅さんも相変わらずうまかった。実はこのとき、僕なりに心に誓ったことがあって。それは、「今回は枕をなくして、本編だけでも面白いということを証明してやる!」とい
うことだったんです。

立川 おお、なるほど。

渡辺 だから、いきなり本編から入ったんですけど、会場はシーーーン!!

立川 あははは。

渡辺 それがもう、辛くて辛くて(笑)。ただ、古今亭志ん朝師匠の落語の完全コピーでやってるから、始まってしまったらアドリブでウケを狙うこともできないわけですよ。「俺は、やっぱり枕がないとダメなのか。なんで本編から入ってしまったんだろう……」って、心の中で泣きながら、そのまま落語を続けるしかなかったですね(笑)。

立川 でも、ナベちゃんは落研時代から、ずっと変わらないけど、そういうことをやってみようという勇気ある姿勢は、ホントにすごいと思うよ。

渡辺 そうですかね(笑)。

立川 毎年1回開催される『熱海五郎一座』(座長・三宅裕司)の公演を観てるときも、東京・新橋演舞場の舞台の上に立つナベちゃんは、落研で出会ったときのまんまなんだよね。だって、毎回毎回、ゴムをつけた手拭いを客席に向かって投げて戻すなんて、なかなかで
きないよ(笑)。「また、今年もやっちゃった」とか言って、お客さんをしっかりと笑わせてるし。

渡辺 あれですね(笑)。でも、3年目くらいのとき、三宅さんから「ナベ、もう、やめようか?」ってダメ出しされたこともあるんですけど(笑)。

笑いへの情熱とこだわりが伝わる二人の対談の続きは、現在発売中の『週刊大衆』1月25日号にて。

当記事は日刊大衆の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ