たこ焼き20万個なくなったら終了!!「富士そば×銀だこ」衝撃コラボメニュー【急げ】

ウレぴあ総研

立ち食いそば・うどんチェーン「名代富士そば」にて、2021年1月5日~1月31日の期間、「築地銀だこ」とのコラボ商品「銀だこそば(うどん)」が販売されています。

「銀だこそば(うどん)」は、築地銀だこ監修のたこ焼3個を名代富士そばのかけそば(うどん)の上にトッピングしたコラボ商品。

今回用意された20万個のたこ焼が無くなった次第、販売終了となります。

また関連商品として、柏店・北千住東口店では「ほぼ銀だこそば」、武蔵小山店では「年明けうどん」がそれぞれ販売されます。

「ほぼ銀だこそば」は、たこ焼を尊重して完成した商品で、たこ焼の下に麺があり、築地銀だこのたこ焼ソースで食べるそば。

「年明けうどん」は、築地銀だこ監修のたこ焼21個を盛り付けています。

たこ焼き在庫があるだけの期間限定メニュー。食べたい人はお早めに!

■「銀だこそば(うどん)」販売概要

価格:500円(税込)

販売期間:2021年1月5日~1月31日 ※たこ焼が無くなった場合は早期終了となります。

販売店舗:名代富士そば ※歌舞伎座駅前店を除く全店舗

当記事はウレぴあ総研の提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ