竹内涼真&中条あやみ、ゾンビのクオリティーを絶賛「リアルに近づいてほしくない」

 俳優の竹内涼真と女優の中条あやみが5日、1月17日スタートドラマ『君と世界が終わる日に』の(日本テレビ系/毎週日曜22時30分)リモート記者会見に出席。地上波ゴールデン帯の連続ドラマとしては日本初の本格ゾンビ作品となる本作の手応えや、劇中に出てくるゾンビのクオリティーを絶賛した。

本作はゾンビサバイバル×ラブストーリー×ミステリーの3つの軸が絡み合う、極限の人間ドラマ。日本テレビ×Hulu の共同製作で、1月より日本テレビ系にてSeason1が放送され、全10話で一度完結。その後、3月よりHuluにてSeason2全6話が配信される。会見には、笠松将、飯豊まりえ、キム・ジェヒョン、滝藤賢一も出席した。

死と隣り合わせの終末世界を生き抜く、たくましいサバイバーを演じる竹内は完成した1話を見たそうで、「率直に面白く、自信に満ち溢れてる状態。壮大なスケールで描かれていて、見ていて楽しめるドラマになっています」とりりしい表情。ヒロインを演じる中条は、「一人ひとりが心も体も削り、人間ドラマに力をいれてやっているので、その本気度を見てほしい。サバイバルや人間の怖さが見れると思います」とアピールした。

撮影開始から3ヵ月が経つが、竹内は「ドラマだと忘れるくらい撮影が派手で大変ですが、チームで作品に入り込んでる感じがして充実しています」と口にし、「1話の時と顔が全然違って。物語の中で生きるためにみんな必死なので、そこに向かっていく熱量と体がリンクしてくると顔つきが鋭くなる」と変化を告白した。

ハードなアクションも多いが、竹内を筆頭にかなり本気で臨んでいるそうで、飯豊は「部活みたい。何回も練習して、ドライから全力で臨んでます」と言い、竹内ら男性陣は「シーンが終わるごとにプロテインを飲んでいて。竹内くんが笠松さんのパーソナルトレーニングを始めたりしてます」と暴露。笠松は竹内の体作りについて「話数を追うごとに体が大きくなり、絞るところが絞られている。マイナス5㎏は減ってると思う」と絶賛し、日本のドラマ初出演となるジェヒョンも「最初はすごく緊張していましたが、(笠松が)韓国語ができるので、僕がわからないときもちゃんと説明してくれて。そのおかげで撮影できています」と感謝した。

本作はゾンビも見どころの一つ。竹内は初めてゾンビを見たとき「すごく怖かった」と振り返り、「特殊メイクとアクション部の方の気合がすごい。メイクや動きがこだわられてる」とクオリティーの高さを熱弁。中条も「数も多いので迫力もあって。リアルで近づいてほしくないと思うくらい怖い」と打ち明けていた。

新日曜ドラマ『君と世界が終わる日に』は、Season1(全10話)が日本テレビ系にて1月17日より毎週日曜22時30分放送。Season2(全6話)が、3月よりHuluにて配信。

当記事はクランクイン!の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ