SKY-HI、Kan Sanoとのコラボ曲「仕合わせ」の宇垣美里が出演したミュージックビデオをYouTubeにて公開

SPICE


SKY-HIの新曲「仕合わせ feat. Kan Sano」のミュージックビデオが本日公開された。



本楽曲は、SKY-HIとKan Sanoがコラボレーションして書き下ろしたもので、九州大学大学院芸術工学研究院 SDGsデザインユニット主催のアワード『世界が進化する1日。SDGs Design LIVE ― SDGs Design International Awards 2020』のオリジナルテーマソング。ビートを手掛けたのは、SKY-HIとエンジニア/トラックメーカーのSHIMI from BUZZER BEATS (D.O.C.) から成るプロデュースユニットのSOURCEKEY。Kan Sanoが奏でる鍵盤とコーラスが融合した、リズミカルで軽快なトラックで、「自分も含めて目に映る存在を愛することこそ、最も尊くて必要な始まりである」というSKY-HIの思いをラップと唄を織り交ぜて表現しており、SDGsというテーマに相応しい、やさしさに溢れた楽曲となっている。

ミュージックビデオは、フリーアナウンサーの宇垣美里が出演しており“地球上の誰一人として取り残さない”と掲げているSDGsならではの視点を表現。生まれや育ち、年齢、性別など様々なバックグラウンドを持つ人々がひとつの空間に集い、互いを尊重しながらそれぞれが自分らしくいられることの喜びを描いている。

また、リリースを記念し、「仕合わせ feat. Kan Sano」をApple Music / Spotifyでライブラリに追加して応募した方の中から抽選で100名に「SKY-HIが観た人を全力で “仕合わせ” にする動画」をプレゼントするキャンペーンも実施されるとのこと。詳しくは公式サイトをチェックしよう。

●SKY-HIコメント●


本当に幸せなMV撮影だった訳で、各所にどれだけ感謝をしてもしたりないんですが、

こういう風に“幸せになりたい”と思うと人の事が目に入らなかったり、

“幸せでいてほしい”と人に思うと自分のことが目に入らなかったり、

上手に生きて上手に死んでいくっていうのはメガトン級にハードルの高い事だと思うので、

大切に思う人が幸せで、その目に映る自分も幸せで……ってお互いに思える一秒を作る事、作り続ける事がきっと一番尊くて大切で難しい事なんだろうなぁと思ってこの曲とビデオを作りました。

自分は今大変だけど幸せなんで、聴いてくれた人の幸せにも繋がったらマジ仕合わせって事でよろしくお願いします。

●宇垣美里コメント●


初めてのMV撮影、慣れない現場に戸惑ってばかりでしたが、SKY-HIさん、Kan Sanoさんをはじめ、皆さんの優しさのおかげで楽しく伸びやかにあれたように思います。

現実に余裕がなくなればなるほど、人は自分と他者との違いに目くじらを立て呪い苦しむものです。でもそんな時だからこそ、歌詞にあるように、それぞれに違う部分を持ったひとりひとりが同じ今日を過ごせる幸せを噛み締め、自分の大切な人たちがその人らしく、ただ日々をいい日だと言って過ごせることを願うばかりです。

●Kan Sanoコメント●


今回制作の初期段階から関わらせてもらい、SKY-HIさんのトラック作りから作詞、MV撮影に至るまですべての過程を一緒に経験しましたが、そのスピードの速さと判断の的確さ、才能の幅の広さに心底驚きました。近年共演したアーティストの中でも類を見ないパワフルなエネルギーを感じました。刺激をたくさん貰いましたし、まさに「仕合わせ」な時間でした。貴重な機会に感謝します。

当記事はSPICEの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ