あじさい観光、事業停止 負債総額約5億円、東京商工リサーチ調査

Traicy

あじさい観光あじさい観光は、1月6日までに事業を停止した。負債総額は約5億円。

東京商工リサーチによると、2019年9月期の売上高は約5億9,000万円を計上していた。新型コロナウイルスの感染拡大による影響で売上が急減し、経営が悪化。資産処分や経費削減、各種助成金を利用しながら営業を続けていたものの、資金繰りも限界に達した。あじさい観光は、2014年10月に設立。資本金は4,570万円、従業員数は36名。大阪・羽曳野市の本社のほか、大阪・泉佐野市に営業所を置き、19台の大型・中型バスで、大阪と白浜、東京・千葉を結ぶ高速乗合バスのほか、貸切バス事業を展開していた。

当記事はTraicyの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ