半裸の藤原竜也に迫る熱そうな鉄の棒!心臓の爆弾もカウントダウンを開始  映画『太陽は動かない』絶体絶命スペシャル映像を公開

SPICE


3月5日(金)公開の映画『太陽は動かない』から“絶体絶命スペシャル映像”が解禁された。

『太陽は動かない』は、『悪人』などの吉⽥修⼀氏によるシリーズ原作を、ドラマと映画の連動で映像化するプロジェクト。産業スパイ組織“AN通信”のエージェント・鷹野⼀彦と新人・⽥岡亮⼀が様々な陰謀に挑む姿を描く。主演に藤原竜也、共演に竹内涼真を迎え、ドラマ全話および映画の監督を『海猿』『MOZU』シリーズで知られる⽻住英⼀郎氏が担当。King Gnuの新曲「泡」が、ドラマ・映画の共通主題歌に起用されている。日本国内での撮影に加え、東欧ブルガリアでの約1ヶ月にも及ぶ海外ロケを敢行した本作。劇中では、市街地の道路を完全封鎖したカーチェイスや、列車を丸ごと貸し切り、首都ソフィアにて終日走行させながらのアクションシーンなど、大規模な撮影が行われた。


『22年目の告白-私が殺人犯です-』、『カイジ ファイナルゲーム』など、幾度となく絶体絶命のピンチを乗り越えた藤原は、『太陽は動かない』では心臓に爆弾を埋め込まれ、24時間ごとに死の危険にさらされる秘密組織のエージェントを演じている。解禁された映像は、そんな藤原がピンチに陥る姿を切り取ったもの。敵対する裏組織のリーダー、ジミー・オハラ(横田栄司)に捕らえられた藤原演じる鷹野。上半身を裸に向かれた鷹野に、熱せられた鉄の棒が迫る冒頭シーンから、鎖で吊るされ苦悶の表情を浮かべる様子など、が痛々しい場面が次々と登場。そのほか、高層ビルの屋上で肉弾戦や、ヘリコプターが撃墜されるシーン、水中での決死の脱出劇など、様々なカットが公開されている。

『太陽は動かない』は3月5日(金)全国ロードショー。

当記事はSPICEの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ