「冬のオバ見え」原因は?着膨れ、老け色…40代コーデの失敗あるある

OTONA SALONE



洗練された40代を目指すなら、絶対に避けたい“オバ見え”……。ですが冬はなんといっても寒い。体を冷やしちゃあならんとばかりに、北風の入るスキマもないほど着込んではいませんか?今回は、アラフォー冬の失敗服あるあるを紹介します。

オカンの後ろ姿やで……ボアジャケット




巷で人気のボアジャケット。女はいつだってフワフワ、フワフワしたものが好きなんです。

それにボアジャケットはかつて流行したお嬢ルックさながらのファーコートと違って甘く見えすぎないところが良いですよね。なんていったってデニムとも合わせやすい。着回しが効く。トレンドのニットワンピと合わせれば、ほら今っぽいコーデ。

ですが、見てくださいその後ろ姿を!!

とくに私なんかは下半身ワガママボディなんでボアジャケットを合わせたらもれなくオカンスタイルです。

失敗しやすい原因はボアジャケットの丈感。下半身が太い方はとくにですが、お尻がすっぽり隠れる丈の長いボアジャケット、もしくはボアコートをオススメします。

そしてできれば、気合いを入れてスキニーパンツか細身のセンタープレスパンツでキュッとタイトにスタイリングを。オバ見え回避のコツはボトムのシルエットラインにアリです。

ずんどう見えするロング×ロングコーデ




スタイリングの基本的な法則をあえて無視した、ロング×ロングコーデ。足を出さない、ウエストやヒップラインも見せないということで幅広い世代から今、支持を得ているコーディネートスタイルです。

ですが、これって安易に取り入れると失敗してオシャレどころか締まりのないコーデというか……。結果的にずんどう見えを引き出す、一触即発コーデなんですよね。

例えば冬のワイドなロング丈ニットに、女性らしいプリーツスカートを合わせたコーデ。雑誌でもよく見かけますが、それらヘアや小物までこだわった仕込みありきのおしゃれ見えなんですね。とくにヘアアレンジは重たくならないようロングさんはスッキリとまとめたヘアアレンジをすると良さそうです。

また、ずんどう見えを避けるコツはトップスの着丈の長さです。着丈は下腹部あたりから骨盤にさしかかるくらいの丈感がベスト。それより長いと逆にウエストが間のびして、短足・ずんどう見えするので気をつけましょう。

ニットで老け見えする色・デザインはコレ!




40代の大人女性は顔まわりがパッと明るくなる色を持っていくほうがベターです。ライトベージュ、キャメル、ホワイト、ブルー、イエローといったトーンが明るく見た目も華やぐものはOK。対してマストで避けていただきたいのがダークブラウンとダークグリーン。もちろん、ニットのデザインや素材、シルエットによって上品さが出てくるので一概にNGと言い切れない点もあります。

しかし逆に言えば、上質さが感じられなければ一気にプラス10歳は老けて見える印象を与えるので注意しましょう。大人の女性は落ち着いたカラーでまとめるというオシャレルールを信じて、全身が暗く野暮ったいシルエットにならないように気をつけましょう。

また、気をつけたほうが良いデザインとしてはコクーンシルエットのニット。コクーンニットは胴部分が緩くカーブを描き、裾がややすぼまった繭の形をしたシルエットのニットのことです。コクーンニットは裾をたるませることで、ゆったりとしたシルエットラインを楽しんで着こなすのがスタイリングのポイント。ですが、バストやウエスト、腰まわりが大きい方は体型が目立ちやすいので注意。

★40代、こなれニットの着こなし方




40代がニットをこなれた感じに着こなす王道スタイルは2つ。1つはジャストサイジングなクルーネックorハイネックのハイゲージニットにダブルジャケットを組み合わせたコーデ。ハイゲージニットは滑らかで光沢のある表面なので、40代にふさわしい上品さを印象づけます。ボディラインにピタッとフィットしたシルエットが苦手という方は、上からジャケットもしくはカーディガンで気になる部分をカバーすればOK!

もう1つの王道スタイルは、ローゲージニットとロングシャツのレイヤード。今シーズンの定番中の定番とも言えるニットコーデですね。この着こなしの場合、インナーを白シャツにすることで全体の明るさをプラス。NGとしていたダークブラウンのニットも、白シャツの裾や襟元が見えていれば明るさが出てくるので40代女性が取り入れても違和感のない着こなしになりますよ。

当記事はOTONA SALONEの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ