本当は彼女が欲しいのに… 遊び人になってしまう男性の理由 

fumumu

悩む男性(bee32/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)
遊び人の中には、根っからの遊び人もいれば、本当はちゃんと彼女が欲しいのに、つい軽い言動をしてしまう人もいるようです。

なぜそのようになってしまうのでしょう。fumumu取材班は聞いてみました。

(1)好きな子に声をかけられない…


好きな人には奥手という男性もいるようです。

「好きじゃない人には、声をかけたり軽口を叩いたりと調子良くできるのに、本当に好きな人には恥ずかしくて告白もできず…そのうち他の男にとられちゃいます。

自分を好きって言ってくれる女性と付き合ってはみるものの、好きになれず、すぐ別れるを繰り返すことにも。軽い付き合いはできでも、本当に好きな人とはうまく接することができないんですよね…」(20代・男性)

関連記事:付き合うなら「女慣れした男」vs「誠実な男」どっち?

(2)寂しさが勝ってしまう


一人の人ときちんと向き合いたいと思う反面、一人に絞るリスクを避けたいとも思ってしまうのだとか。

「本当は一人の子とじっくりちゃんと付き合いたいと思っています。でも、すごく寂しがりやなので、彼女の都合が悪いときなど、一緒に過ごす違う子もキープしておきたくなってしまうんです。

それでつい、いろんな子に声をかけたりいい顔をしたりして、結果的に複数同時進行みたいに…はたから見たら遊び人だろうけど、ぼく自身も悩んでいます」(20代・男性)

➂一人だけの愛じゃ足りない


愛されたい気持ちが強すぎるあまり、一人の女性からの愛では足りないと感じてしまう?

「仲の良い男友達は、特定の彼女を作らず女遊びばかり。本命彼女を作りたいけれど、彼女一人だけの愛じゃ足りなくなってしまうんだそうです。

愛されたい気持ちが強いタイプなのでしょうね。そんな気持ちで彼女を作って浮気をするぐらいなら、今のままでいいとは思いますが、いつかは幸せになってほしいです」(30代・女性)

もしそんな人を好きになったら、幸せにしてあげたいものですね…。

・合わせて読みたい→好印象のはずが…好きな異性のタイプを聞かれた女子のダメ回答3選

(文/fumumu編集部・神崎なつめ)

当記事はfumumuの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ