アクセル・ローズ、デイヴ・グロールにライブ用の“王座”を貸りたお礼に贈ったものとは?

Billboard JAPAN



2015年にスウェーデン公演で足を骨折したフー・ファイターズのデイヴ・グロールが、【FUJI ROCK FESTIVAL ’15】を含む残りのツアー日程を特注の“王座”に座りながらこなしたことは当時大きな話題となったが、その後もこの王座は必要とする負傷したロック・アーティストに貸し出されてきた。

そのうちの一人だったガンズ・アンド・ローゼズのアクセル・ローズについて、デイヴが雑誌クラシック・ロックとの最新インタビューで語っている。アクセルは、2016年に米LAのトルバドールで行われた【Not in This Lifetime】ツアーの初日に足を負傷してしまったため、デイヴの王座でツアーを続け、ブライアン・ジョンソンの代役として参加したAC/DCのツアーでもこの王座からパフォーマンスしていた。

デイヴは「アクセルが、ガンズ・アンド・ローゼズ、続いてAC/DCのツアーに(王座を)持っていたもんだから、ツアー中に足を折ったミュージシャンはみんな俺に連絡してくるようになったんだ、まるでスローン(王座)ザらスだよ」とおもちゃ専門店のトイザらスを捩りながらユーモラスに語っている。

そのお礼として、デイヴはアクセルから見事なギターを受け取ったそうで、「彼は、スラッシュに俺のためにギターを選ぶようにお願いしたんだ」と明かしており、「スラッシュは、1960年代初期のギブソンES-335 Dotを選んでくれて、今でも俺が人生で演奏したギターの中で一番最高だ。ものすごく親切で、粋な行為で、心から感謝しているよ」と振り返っている。

当記事はBillboard JAPANの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ