「私が我慢すれば済む話なのかな」 - そんな恋愛に疲れてしまった人に効くツイートに、「勉強になります」「10年早く教えて欲しかった」の声


人間関係とは難しいもので、うまくいっていると思っていても、実は相手が我慢して合わせてくれていただけ、ってことありませんか? ツイッターでは、ある女性がつぶやいた異性との付き合い方に関するアドバイスが大きな反響を呼んでいます。

それが、こちらのおとうふさん(@o10fusan)の投稿です。

「これって私が我慢すれば済む話なのかな?」と悩んでいる時は、相手との相性が悪い証拠だから別れた方がいい。(@o10fusanより引用)

“マッチングアプリのプロフィール添削のプロ”だというおとうふさんですが、実は、物事がうまくいかなくなると、「自分がダメなんだ」と自責思考に陥ってしまう癖があるのだとか。「そこがいいところでもありよくないところでもある」と、周りの友人から指摘されたことをきっかけに、「折り合いがつかない人とは無理に付き合わなくていい」と考えるようになったそうです。

おとうふさんの投稿に、「なる程、勉強になります」「わかります、我慢したけどダメでした」「そうなんだよねぇ。離婚したいwww」「10年早く(結婚する前に)教えて欲しかった」「わかる~!!25年我慢しても改善しなかったから、人生の無駄でございましたよ」などなど、共感と後悔の声が続々と寄せられていました。

また、話し合いもしない状態で別れるのであれば一方的では? という意見も寄せられたそうなのですが、これに対しおとうふさんは、「もちろん、話し合いもせずに『この人とは合わない!』と決めつけるのはもったいないと思いますが、話し合いをした上で歩み寄るのが難しいと感じた場合は、無理して相手に合わせて関係を続ける必要はないと思います」とコメント。

さらに、「そう考えるのって自分だけなの? 同じように相手も我慢してくれていると思う。我慢の無い付き合いなんて無いんじゃないかな」という意見に、「もちろん、時と場合によっては我慢が必要な時もあるとは思います」と話していました。

お互いに言いたいこと言って、お互いに我慢というか譲り合う部分があればいいと思うのですが、話し合った結果、結局は一方だけが我慢しなければならない関係って、結構多いようですね。自分の意見を最後まで押し通せる人はいいかもしれませんが、それが出来ない多くの人にとっては、ただただ苦しい関係でしかないようです。

最後に、おとうふさんに今回の反響について感想を伺ったところ、「世の中には自分と同じように『自己犠牲』をすることで人間関係を良好に保とうとして苦しんでいる人がこんなにもたくさんいるんだ」と驚いたとのこと。今回の投稿が、「少しでもそういった方々の救いになれたなら、このツイートを発信した甲斐があったなと思います」と話していました。

恋人や夫婦関係のみならず、友人や職場など、あらゆる人間関係にも通じるという声も多かった今回の旬ネタ。ときに必要な人間関係の断捨離について考えさせられる内容でした。

「これって私が我慢すれば済む話なのかな?」と悩んでいる時は、相手との相性が悪い証拠だから別れた方がいい。— おとうふ????ペアーズの赤ペン先生 (@o10fusan) January 1, 2021

当記事はマイナビニュースの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ