「注文しなくていいから…」 寒空の下で待ち合わせする女性を店に招き?

grape

※写真はイメージ
Twitterユーザーのぽんた(@Pontamama12345)さんが投稿した内容に、ネット上で反響が上がっています。

30~40年前のある吹雪の日、ぽんたさんは家族と買い出し先のデパート前で待ち合わせをしていました。

しかし、いつまでたっても家族はやってきません。

当時、携帯電話はなく家族とも連絡が取れないため、ぽんたさんは吹雪の中、震えながらもデパート前で待っていました。

すると、その様子を見たデパート横にあるコーヒー店の店主は、ぽんたさんに声をかけてきたといいます。

「お嬢さん、もう長い時間待っているみたいだけど大丈夫?よかったらお入り。寒いでしょ?」

※写真はイメージ

その日は、『寒い』というより『痛い』という寒さだったそうです。

ぽんたさんは、店主の「注文しなくていいから、とにかく入って温まったら?」という言葉の通り、いわれるがままカウンター席で暖を取りました。

店主は、席に座るぽんたさんにコーヒーを勧めます。しかし、『コーヒー』に馴染みのなかったぽんたさんにとっては、「砂糖ミルクを入れたインスタントか、コーヒー牛乳のことだった」のだとか。

本物のコーヒーを飲んだことがなかったぽんたさんは、店主にコーヒーを勧められるも「お金を持っていないので」と断ったところ…。

「そんなのいいよ。こんなに寒くちゃお客さん来ないし。コーヒーの淹れ方を教えるから、覚えて帰ってよ。待ち合わせの人が来たらすぐ分かるようにドアは開けておくから」

店主はお金は取らず、ぽんたさんの家族が来るまで目の前でコーヒーの淹れ方を教えてくれました。

その様子を見ていたぽんたさんは「角度によって光り方が違い、こんなに綺麗なものなのかと感動した」といいます。

店主は淹れたてのコーヒーを前に、口にするよう勧めました。

「飲んでみて。人生初のドリップコーヒー。まずは砂糖もミルクも入れないで」

※写真はイメージ

これまで知っていたコーヒーとは別格の風味に驚いたぽんたさん。店主は「おいしいでしょ。それが本当のコーヒーの味なんだよ」と教えてくれたといいます。

そのコーヒーは、当時のお金で1杯600円のブルーマウンテンでした。

金額を知ったぽんたさんが、家族が来たら支払う旨を伝えると店主は…。

「いいの。僕が淹れたかったんだから。お客さん来ないからヒマでさ。それに、コーヒー好きな人を増やすのが楽しいんだよ

きっと、本当にコーヒーが好きな店主なのでしょう。

目の前で、人生で初となるドリップコーヒーを飲むぽんたさんの姿を見届けられたことが、嬉しかったのかもしれません。

その後、渋滞に巻き込まれていた家族が1時間以上遅れて到着したといいます。

母親は「ぽんたは生真面目だから今頃、吹雪の中雪ダルマになっているんじゃないか」と心配していたそうです。

しかし、素敵な出会いと店主の優しさによって、ぽんたさんは心も身体も温まっていました。

投稿を読んだ人たちからは、感動の声がたくさん寄せられています。

・素敵な話。マスターみたいな人になりたい。

・短編小説を読んだかのように心が温まった。運命の出会いですね。

・朝から泣いた。とても感動しました。いい話!

ぽんたさんは、「店主の優しさとコーヒーは、温かい思い出として凍える日によみがえり続けています」とコメントしています。

「コーヒーを好きな人を増やしたい」という店主の想いは、ぽんたさんの投稿を介して多くの人に伝わったことでしょう。

寒い日の温かい思い出は、読んだ人の心も温めてくれたようです。


[文・構成/grape編集部]

出典 @Pontamama12345

当記事はgrapeの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ