iPadがもっと薄く軽くなるかも。でもLightningはUSB-Cにならないらしい…

apple_ipad-8th-gen_w-keyboard_09152020_big
Image: Apple

USB-Cにはならないの…?

iPadにも進化の波がやってきそうです。Macお宝鑑定団Blog[羅針盤]は、次期iPad(iPad 第9世代)はiPad Air(第3世代)をベースに薄く軽くなると伝えています。

同サイトによると、iPad(第9世代)は現行モデルと同じく10.2インチディスプレイを搭載し、True Toneディスプレイ仕様に。ただし、iPad Airに搭載されていたUSB-Cポートは移植されず、Lightningポートが継続採用されるそうです。なんでや…。

昨年9月に発表されたiPadでは、プロセッサの刷新が主な進化ポイントでした。一方でiPad Air(第4世代)はディスプレイサイズが拡大され、Touch ID機能を電源ボタンに内蔵し、さらにUSB-Cポートを搭載するなど大進化したのです。しかしiPad Air(第4世代)であったような大幅な進化は、iPadではまだ待つ必要がありそうです。

そうそう、今回のレポートでは次期11/12.9インチiPad Proの変更点はプロセッサの刷新になると伝えています。でも気になるのは、こちらではTouch IDの復活はあるのかということ。マスクで顔認証が使いにくい今だからこそ、指先で使えるTouch IDの採用に期待したいのですが。

Source: Macお宝鑑定団Blog[羅針盤]

当記事はギズモード・ジャパンの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ