“CM美女”として話題の女優・加藤小夏。透明感が尋常ではない

日刊SPA!

個性の時代といわれるが、スターとは誰よりも強烈な個性と輝きで時代を照らす存在だ。その予感をいち早く察知するクリエイターが注目する時代のヒロインの輝きを、気鋭のフォトグラファーが切り取る「旬撮ガール2021」。今回は女優・加藤小夏に注目した。

◆美貌と美声を兼ね備え、時間すら支配する(撮影/北岡稔章)

LINEやホットペッパービューティーなどのCMで「あの美女は誰だ?」と話題を呼び、昨年から女優業を本格化させている加藤小夏。LINEのコンテンツ『ご協力願えますか?』という新しい表現にも出演中だ。企画/演出の東京藝大教授・佐藤雅彦氏は、彼女の持つ独特の空気をこう表現する。

「あの透明感は、尋常ではありません。さらに、鈴を転がしたようなかわいらしくも落ち着きのある声を聴けば、誰でも耳が虜になります。

そもそも我々が、女優というものに期待するのは、独特の魅力ある容姿、声、強い没入感を生む演技力。その必要欠くべからざる要素を、加藤さんは言わずもがな、持ち合わせているのですが……実は、加藤さんが持っている不思議な力は、それだけでは語れません。

撮影現場で一番驚いたのは、『はい、カメラ回りました』と演技者・加藤小夏に時間を預けたときの彼女の時間の支配の仕方でした。本人には、まだ自覚はないかもしれませんが、そこには、明らかに独特の“小夏時間”が流れていたのです。加藤小夏が支配する時間、それを浴びたくて、私は今日も、彼女の映像を再生してしまうのです」

目を見れば吸い込まれ、抗いがたい“小夏時間”へと誘われる。

◆【推薦人:佐藤雅彦氏】

東京藝術大学大学院教授。「湖池屋スコーン」「バザールでござーる」のCMや、「ピタゴラスイッチ」などの教育番組を手がける。紫綬褒章、芸術選奨文部科学大臣賞など受賞多数。

◆【加藤小夏(かとうこなつ)】

’99年生まれ。ホットペッパービューティー、LINEなど数々のCMに出演。’19年、ドラマ『I”s』(BSスカパー!)でヒロインの一人・麻生藍子、’20年、映画『踊ってミタ』でヒロイン・古泉ニナを演じる。

スタイリング/千葉良 ヘアメイク/常盤美帆

※週刊SPA!1月5日発売号の特集「旬撮ガール2021」より

―[今年ブレイクが期待される美女8人を撮り下ろし『旬撮ガール2021』]―

当記事は日刊SPA!の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ