「NY五番街のティファニー本店」で80カラット超のダイヤモンドが輝くネックレスを披露

IGNITE


映画『ティファニーで朝食を』などで知られ、観光名所にもなっているNYのティファニー本店。

2022年、ニューヨーク5番街のティファニー本店が大改装をへて再び扉を開くとき、ブランド史上最も高価になると予想されるネックレスがお披露目される。

Tiffany & Co.

■比類なき価値を持つ80カラットのダイヤモンド

ティファニーは、1939年に制作されたハイジュエリー ネックレスに再解釈を加えて再現することを発表した。当時のアクアマリン ネックレスに現代的な感性を吹き込み、80カラットを超える見事なオーバル ダイヤモンドがセットされる。

この類まれなストーンは、ティファニーがこれまで販売したダイヤモンドの中では最も大きく、これをカラット数で凌駕するのは非売品であることで知られる「ティファニー ダイヤモンド」のみとなる。

このダイヤモンド ネックレスは、2022年の記念すべきニューヨーク5番街のティファニー本店リニューアルオープンを祝して披露され、オリジナルのネックレスが約一世紀前にクイーンズで開催されたニューヨーク国際博覧会で注目を集めたように、画期的なピースとして歴史にその名を刻むこととなるだろう。

1939年制作のアクアマリン ネックレス
Photo Credit : Tiffany & Co. Archives.

「5番街57丁目通りの角にティファニー本店がオープンしたのと同時期、1939年のニューヨーク国際博覧会で展示されたこのネックレスは、当時最も話題となったピースの一つ。

この比類なきネックレスを再解釈することで、2022年のティファニー本店リニューアルオープンを祝福できることを大変嬉しく思う。」と語るのは、ティファニー・チーフ・ジェモロジストのヴィクトリア・レイノルズ氏。

息を呑むほど見事なセンターストーン-80カラット超、Dカラー、内部に傷のないオーバルダイヤモンド-は、稀少であるのみならず、業界に先駆けてティファニーが取り組んでいるダイヤモンドにおけるトレーサビリティの象徴の一つだ。

責任を持って調達されたアフリカ・ボツワナ産ダイヤモンドは、ニューヨークにてティファニーの職人によってセットされる。

■国際博覧会で何百万人もの人々を魅了

当時のネックレスにセットされた並外れたサイズのアクアマリンと、非凡なダイヤモンドの形状は、ニューヨーク国際博覧会を訪れた何百万人もの人々を魅了した。

「新たな日の夜明け」という希望に満ちたテーマを掲げた1939年のこの博覧会は、「明日の世界」を垣間見る機会として人気を博した。その目的は、4400万を越える入場者の心に、より良い、より活気のある明日への夢を抱かせることだった。

ティファニーが出展したこのネックレスもまさに大きな夢を掻き立て、5番街57丁目通りの角に建設されていたティファニー本店が翌年1940年に華々しくオープンするに至った。

そして2022年のリニューアルオープンにおいても、同様に歴史に残る出来事となるに違いない。

https://www.tiffany.co.jp/

(Yuko Ogawa)

当記事はIGNITEの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ