『魔法少女まどか☆マギカ』10周年プロジェクト始動 悠木碧、蒼樹うめら祝福

 テレビアニメ『魔法少女まどか☆マギカ』の放送10周年記念プロジェクトが始動。記念webサイトが開設され、キャラクター原案の蒼樹うめによる記念イラスト、記念ロゴ、鹿目まどか役の悠木碧らメインキャスト・スタッフによるお祝いコメントが公開された。

2011年1月7日にテレビシリーズの放送がスタートした本作。監督の新房昭之、脚本の虚淵玄(ニトロプラス)、かわいらしい少女たちの日常、先の読めないスリリングな展開、アニメーション制作を手掛けるシャフトの映像表現と異空間設計を担当した劇団イヌカレーのアバンギャルドなビジュアル、音楽を受け持つ梶浦由記のドラマチックなBGMなど、当代きってのクリエイターたちが手掛けた作品は幅広い分野から高い評価を集めた。

2012年にはテレビシリーズを2編に分け再編集した劇場版『[前編]始まりの物語』『[後編]永遠の物語』、2013年には完全新作となる『[新編] 叛逆の物語』が公開され、[新編]の興行収入は深夜アニメの劇場版作品として初となる20億円の大台を突破した。

10周年にあたり、主人公・鹿目まどか役の悠木は「10年もの間、『魔法少女まどか☆マギカ』を愛してくださりありがとうございます。10年前、まどかと出会った時に感じたときめきや、演じていた時にもらった様々な心の動きは、今でも私という人間を形成するうえで欠かせないエネルギーです」と祝福。ファンに向けて「あなたの胸の中にも、これからも『魔法少女まどか☆マギカ』があり続けてくれたら、それはとっても嬉しいなって」とコメントしている。

蒼樹は「TVシリーズが終わってからも劇場版がありゲームがあり、コミカライズやグッズ販売など(全ての制作の方々にも大大感謝…!)さまざまな形でまどかが続いていて、それは10年間まどか☆マギカを好きで居続けてくださった皆様方のおかげでありまして、本当に本当にありがとうございます」と感謝のメッセージを寄せた。

新房昭之監督は「2011年にテレビシリーズとして『まどか☆マギカ』がスタートしてから早10年。これまで応援してくださった皆さん、10年間ありがとうございます。そして、これからも変わらぬ応援をよろしくお願いいたします」としている。

脚本の虚淵玄は「スマホゲーのガチャも、ウーバーイーツもなかったあの頃の日常を回想するのは日に日に難しくなっていきます。それでも、脚本を書きながらシャフトさんの会議室に通った興奮は今なお色褪せることがありません」と振り返った。

10周年記念webサイトでは、今後イラストレーター、漫画家からのお祝いイラストを順次公開予定。

当記事はクランクイン!の提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ