今夜スタート『江戸モアゼル』花魁・岡田結実×葉山奨之の“粋きゅんショット”公開

 女優の岡田結実が主演を務める今夜1月7日スタートのドラマ『江戸モアゼル~令和で恋、いたしんす。~』(読売テレビ・日本テレビ系/毎週木曜23時59分)の第1話より、岡田演じる花魁(おいらん)の仙夏と、葉山奨之演じる令和男子・蔵地の思わず粋できゅんとする「粋きゅん」2ショットが解禁された。

江戸キリエによる人気漫画『江戸モアゼル』を実写化する本作は、江戸時代の花魁(おいらん)が突然現在にタイムスリップしたことで繰り広げられるラブコメディー。岡田が主人公の花魁・仙夏役を演じ、葉山のほか、前田公輝、吉谷彩子、ココリコ・田中直樹が共演する。

江戸・吉原の花魁・仙夏は、野暮なこと、筋が通らないことを嫌い、客だろうがお大尽だろうがきっちりと言い負かす気風のいい女性。そんな仙夏が令和の現代に突然タイムスリップし、「江戸で輝いた粋な花魁」と「コミュニケーション下手で、恋に奥手な令和男」を中心に恋の四角関係が展開。さらに、令和を生きる登場人物たちが抱える現代の悩みやぶつかるトラブルを前に、毎回仙夏が「粋じゃないねぇ」の決めゼリフとともに、そっと背中を押し、気持ちを晴れやかにさせていく。

クランクインからおよそ1ヵ月が経ち、強い結束が出来上がってきた「チーム江戸モアゼル」による作品が、今夜ベールを脱ぐ。

■1話のあらすじ

江戸時代の伝説的花魁・仙夏(岡田)が突然現代にタイムスリップしてくる!? そんな彼女がやってくる瞬間を、フリーターの青年・蔵地(葉山)が目撃。そして、ひょんなことから仙夏は蔵地の家に居候することになる。しばらくこの時代で生きるしかないと覚悟を決める仙夏は、蔵地が働くカフェでアルバイトを始める。吉原の花魁流の接客をする仙夏にまわりはてんやわんや。そんな中、蔵地がひそかに思いを寄せる友人・泉美(吉谷)がカフェを訪れる。蔵地の恋心に気付いた仙夏は、花魁のテクニックを駆使して蔵地と泉美を結びつけようとして…。

プラチナイト 木曜ドラマF『江戸モアゼル~令和で恋、いたしんす。~』は、読売テレビ・日本テレビ系にて今夜1月7日より毎週木曜23時59分放送。

当記事はクランクイン!の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ