デスクワークで腰が固まった時に。ねじり姿勢調整ストレッチ


デスクワークが続くと腰が疲れたり痛くなったりしませんか? 実は腰回りの疲れやすさは、お腹周りのお肉の落ちにくさと関係がある可能性大。ポイントは姿勢です。今回は、お腹周りのお肉や腰の疲れやすさを感じたら行っておきたい姿勢ケアストレッチをご紹介します。

骨のないお腹周りを整える


お腹周りは肋骨や骨盤など支える骨がない部分。なので姿勢が悪くなるとお腹が潰れてお腹のお肉が前後左右に押し出されてお肉がつきやすくなってしまいます。肋骨と骨盤の間にあるお腹周りは潰れないように伸ばしておくのが正解。崩れた姿勢を整えてお腹周りをすっきりさせましょう。腰の負担も軽減されやすくなります。

丁寧に段階を踏みながら姿勢ケアをしよう


(1)床に座ります。

(2)左脚を前方へ伸ばし、右脚はひざを曲げて横へ倒し、足の裏を左の内ももに寄せましょう。

出典: wwo

(3)右手で左の足先、または届くところをつかみます。
3
出典: wwo

(4) 右手で左足先を掴んだまま、左腕を前方へ伸ばしながら、腰とお腹を丸めないように引き起こします。
4
出典: wwo

(5)左の肩甲骨、左の肋骨を後方へ回すようにして胴体を左方向へ捻っていきます。
5
出典: wwo

(6)背骨がしっかりと捻られているのを感じながら、腕を後方へ。このとき、腕だけで捻らないようにするのがポイント。あくまで腕は動かさず、胴体がねじれるのに合わせて移動していくイメージです。
1
出典: wwo

(7)息を吸いながら胸と背中を膨らんでいくのを感じ、息を吐きながらお腹から鼻へと息を押し出し、横隔膜を引き上げていきましょう。この意識をするだけで呼吸が深くなります。

(8)10呼吸行います。

(9)辛くなければ、腕を背中側へ回し、右脚の付け根めがけて下ろします。

6
出典: wwo

(10)息を吸うときは深く吸えるようにポーズを緩め、息を吐くときはねじりを深めて息を押し出していきましょう。

(11)呼吸に合わせて揺れる体に抵抗せず、さらに5呼吸キープします。

(12)反対側も同様に行います。

いかがでしたか? 背中と腰を丸めず、引き起こした姿勢で行うのがポイントです。終えた後は胴体が安定していく感覚を得られるかもしれません。姿勢の崩れは放置しておくと定着しやすくなってしまいますので、お腹をすっきりさせたい方は、ぜひ取り入れてみてくださいね。

【筆者略歴】

上村 由夏

「マナヨガ」代表。オリジナルのマナメソッドを発案。本来持っている個性や美しさを引き出すと定評がある。またラジオパーソナリティとして心身の美しさをテーマとした番組を担当。

デスクワークで腰が固まった時に。ねじり姿勢調整ストレッチはWoman Wellness Onlineで公開された投稿です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ