北陸 きょう7日夜から降雪量激増の予想 大雪要警戒!!

日直予報士

日本付近は次第に冬型の気圧配置となり、このあと北陸地方上空に強烈な寒気が流れ込みます。今夜から平地を含めて降雪量が激増する見込みです。
不要不急の外出は控えてください。また、ドライバーの皆様は気象情報や道路情報をこまめに確認し、慎重な運転をお願いします。

●このあと寒気が強まり降雪量増加見込み

日本海の低気圧は発達しながら東北地方を東に進んでいます。日本付近はこのあと冬型の気圧配置になり、北陸地方上空には強烈な寒気が流れ込んできます。このため、雪の降り方が変わる見込みです。
気象庁によると、
今日18時~あす06時の12時間降雪量は、多い所で、
平地で25~40センチ、山地で35~60センチ
あす06時~18時の12時間降雪量は、多い所で、
平地で25~50センチ、山地で30~60センチ
となっています。
7日18時現在、新潟県(下越・中越・上越)、富山県(全域)、石川県(全域)に大雪警報が
発表されています。また、福井県も大雪警報が発表される見通しです。
北陸地方全域で警戒してください。

●運転はなるべく控えて!!

降雪量増加により、急な路面状態の悪化や視界不良が予想され、事故発生リスクが高まるでしょう。また、車がスタックしたり、意図しない立往生に巻き込まれる恐れもあります。
不要不急の外出は控えてください。
ドライバーの方は、
①タイヤチェーンを携行する
②スタックした時のためにスコップや牽引ロープを用意する
③気象情報・道路情報をこまめに確認する
④燃料を満タンにして出かける
など、準備を十分行ってからお出かけください。

当記事は日直予報士の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ