「あれ、こんなに老けてたっけ?」40代がつけるとオバ感出ちゃう!パールアクセのNGコーデ&改善テク

OTONA SALONE



一点投入すれば気品が溢れるパールアクセサリー。とくに今季はパールアクセがトレンド入りしているので、ぜひ積極的手に取り入れたいところ。しかし、パールはもともとフォーマルシーンで活用されるアイテム。それだけにどんなお洋服を組み合わせると良いのか悩みが出てきますよね。そこで今回は、大人の女性がやってはいけないパールアクセのNGコーデと改善テクニックをご紹介します。

全身カジュアルスタイルにパールアクセはNG!




フォーマル要素の強いパールアクセは確かにカジュアルなTシャツやデニムを掛け合わせたミックスコーデにするとオシャレさが出ます。しかし、注意したいのはパール以外のアイテムが全てカジュアルに偏りすぎてしまうこと。

例えば、ボーダートップスにデニム、足元はスニーカーにバッグはリュックなどの全身カジュアルコーデ。この中に一点だけキレイめ要素の強いパールアクセを入れると、パールのテイストだけが浮いて見えてしまうので気をつけましょう。

Tシャツにパールを合わせたら、ボトムスはキレイめなタイトスカートやパンプスを合わせるといったようにキレイめアイテムの割合を多く取り入れるとバランスが取れやすくなります。

大粒・ゴテゴテ・3連はチープさが出やすい


また、取り入れるパールのデザインにも注目を。大粒サイズやビジューやフラワーモチーフとあわさったデコラティブデザイン、3連以上のパールネックレスは、ゴージャスさがあるいっぽうでチープさが出やすいです。

確かにファッショントレンドとしては、やや大きめのパールでデザイン性に富んだアイテムが注目されています。しかし、上品さや気品さが損なわれてしまうようなら大人世代には避けたほうがベターです。パールの粒は8~10mm程度の大きさが使いやすくてちょうど良いですね。よりカジュアルさを出すなら、淡水パールを取り入れてみ良さそう。

1連のパールネックレスに、華奢なチェーンネックレスを重ねづけするなどは品の良い着けこなしでオススメです。



鉄板コーデはブラックのハイゲージニット


大人世代に似合うパールアクセのコーデとして相性の良いトップスはやはりブラックのハイゲージニット。パールと同じくスタイリッシュさと気品が出るので、組み合わせに失敗がありません。黒ニットならボトムスをデニムにしても、キレイめなスカートにしてもオシャレに決まりやすいですね。

パールアクセを取り入れる際は、全身がキレイめ若しくはカジュアルに偏りすぎず、ほんの少しの遊びを効かせたスタイリングを意識してみてくださいね。

当記事はOTONA SALONEの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ